マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

風光る(渡辺多恵子) 1巻の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

女性マンガ
風光る(渡辺多恵子) 1巻
この巻を買う/読む

風光る(渡辺多恵子) 1巻

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(4.6) 投稿数68件
風光る(渡辺多恵子)(39巻配信中)
作品内容

時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、「壬生浪士組」の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけで…!?幕末青春グラフィティ!!

作品ラインナップ  39巻まで配信中!
レビュー
風光る(渡辺多恵子)のレビュー

平均評価:4.6 68件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 僅か5年の物語
    carolineさん 投稿日:2017/5/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 1863年は個人的には感慨深い年と思ってます。色々動きがあった中で、新選組(壬生浪士組)も発足した年ですよね。 それから5年の物語。 風光るの世界観がとても好きです。 新選組だけを綺麗にきっちり切り取っている。 そして史実を絡めながらの展開は、まるで一隊士の目線で一緒に参加しているかのように思えるし、武士道を体感出来る。 武士道の表現は風光るが一番だと思ってます。何度涙したか。 全てのキャラクターも際立っているのでみんなが主人公レベルだなぁとも思ってます。最初から満遍なく読む必要ありますよね。カッシーも最高でした。 二人の恋の展開も士道に生きる者達だからこそのこじらせ方。 最後まで見届けたいです。 (これだけ結びつきの深い新選組のみんなだから、できれば、輪廻で、いつかどこかで再会している、再会する、なんて希望を持っていたいな) 続きを読む▼
  • (4.0) 面白い
    みーちゃん(* ॑꒳ ॑*)さん 投稿日:2017/5/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 沖田さんが結核の病気になってこの先が気になる せっかく2人両思いになったのに幸せになって欲しい 続きを読む▼
  • (1.0) とても残念
    のんさん 投稿日:2017/5/7
    最初はとても大好きな作品でした。 時代考証もしっかりしていて、絵も丁寧。 でもちゃんと少女マンガとして描かれていて、 セイちゃんと同じように沖田先生にキュンキュンさせられっぱなしでした。 作者さんの元へ届くという『新選組ファン』 からの○○はこんなんじゃない! との批判への言い分もごもっとも、 と思って応援していました。 でも大河ドラマ『新選組!』への批判を読んでガッカリしました。 『新選組ファン』やらと同じことを言っていたからです。 何や、あんたも同じやんか。 そう思ってからは作品を楽しめなくなりました。 折しも作中ではセイちゃんがやたらとモテだしてご都合主義になりかけていたので、 それからは読んでいません。 せっかくの意欲作なのに、とても残念です。 もっとみる▼
  • (5.0) 小物まで手を抜かない時代考証!
    熱血なまこさん 投稿日:2017/5/3
    王道の少女漫画でありながら、当時の思想、風俗までなかなかの充実ぶりで資料顔負けである。女の子が男所帯の新撰組に入ったら、というベタな設定をなるべくファンタジーにせず、剣術、身体的にどんな問題にぶち当たるかを逃げずに追及して描いている事がこの 作品の支持される理由の一つであろう。読み返すと、初期の馴れ合う前の沖田が切れ者っぽくて懐かしい。 もっとみる▼
  • (4.0) 面白い上に勉強になる
    テテ子さん 投稿日:2017/4/7
    男装したヒロインが男として新撰組に入隊し、沖田総司に恋して・・・と、設定だけ見ると使い古されたシチュエーションなのですが、主人公があくまで「武士(おとこ)」であろうとする姿にとても好感が持てます。 また、風俗や歴史がしっかり描かれているの で、読んでいて勉強にもなります。 ただ、あとがきを読むと、作者の性格の悪さが垣間見えて、すこし残念な気持ちになります。この方の作品は他にも傑作が多いのですが、所々で知識をひけらかすような表現があったり、余書きで読者に喧嘩を売るような表現があったりして、どうしても作者本人を好きになれません。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 頑張れ女の子!
    かの有名な新撰組(新選組)の物語です。新選組の前身である壬生浪士組の入隊選抜で、打たれても打たれても向かってくる1人の少年が選抜役の沖田総司の目に留まります。父と兄の仇を討つために入隊を志願、「志だけは誰にも負けぬつもりです!」という心意気に免じて、新入隊士として入隊を許された神谷清三郎。その正体は富永セイという少女だったのです!土方歳三、近藤勇はじめとする血気盛んな浪士組の中で、果たしてセイは…。「ファミリー!」「はじめちゃんが一番!」の渡辺恵子先生が描く、歴史純情ロマン!頑張る女の子セイの姿に、男の友情にぐっとくるはず。ドラマCD化、 第48回小学館漫画賞受賞作品です。
    制作担当:わさびからい
▲ページTOPへ