マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

ましろのおと(1)の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

少年マンガ
ましろのおと(1)
この巻を買う/読む

ましろのおと(1)

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(4.5) 投稿数35件
ましろのおと(17巻配信中)
作品内容

津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。――「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

作品ラインナップ  17巻まで配信中!
レビュー
ましろのおとのレビュー

平均評価:4.5 35件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 再挑戦で読破
    かかしさん 投稿日:2017/4/2
    以前は紙の方を持っていましたが、断捨離と言ってあげてしまったので、かさばらないこちらでまた揃えました。最新刊まで読破。 少し重くてあたたかくて熱量を感じる作品です。語彙が少なくうまい表現が見当たりませんが、作中でブレるようなことのない芯の 通ったストーリーなので、一冊読んでいいと思われた方は全巻買っても損はないはずです! もっとみる▼
  • (5.0) 三味線のお話
    かのんさん 投稿日:2017/3/21
    何かのマンガ賞にノミネートされてて、音楽をやってる身として興味を持ちました。三味線の迫力を絵だけで描くのは大変だと思うけど、よく表現できてると思います。話もすごく面白いです。
  • (4.0) さすが羅川先生
    ミィさん 投稿日:2017/2/15
    面白いです。 赤僕、いつでもお天気気分、しゃにむにGo!、読み切りなど読んできましたが、今回は三味線がテーマ。 主人公があまり表に感情を出すタイプではないけど、周りが個性豊かでにぎやか。 ひきこまれます。 続きがなかなか出ないの で気になります。 もっとみる▼
  • (5.0) 引き込まれる
    ムク犬さん 投稿日:2017/2/10
    羅川先生の作品って初めはゆっくりなのにいつの間にか引き込まれてることが多い。スルメみたいな味のある漫画家さん。いろんなジャンルに挑戦されてて本当に凄いしそのどれもが結局は面白いです。この作品も初めはヤキモキしてたけど、気付いたら三味線の曲を 検索して聴いてました。この世界観をもっと知りたいと思わせる力が凄いです。 もっとみる▼
  • (4.0) 詳しくは無いけれど
    amberさん 投稿日:2017/1/16
    三味線の話に引き込まれます。演奏も迫力があり、本当に聞こえてくるようです。新刊が楽しみな一冊です。
少年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 三味線男子
    ストーリー作りに定評のある羅川先生。高校生と津軽三味線という組み合わせはちょっと違和感があるように感じますが、そこは羅川先生。話の流れも自然で各キャラも魅力的。想像力を掻き立てる演奏シーンにドキドキします。なにより津軽弁が可愛い!!
    制作担当:Gまっくす
▲ページTOPへ