マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

ReReハロ 1の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

女性マンガ
ReReハロ 1
この巻を買う/読む

ReReハロ 1

通常価格:
370pt/370円(税抜)
(4.2) 投稿数209件
ReReハロ(11巻完結)
作品内容

まだ恋じゃないけど、ほっとけない男子ができちゃいました! 便利屋の父をもつ世話焼き女子・早川リリコ(高1)。一人暮らしを始めたわがまま御曹司の周防湊のご飯作りを頼まれてしまう。 母がいないリリコの大変さは倍増したけど、湊は、なぜだかリリコの生活になくてはならない人になっていく…!?

作品ラインナップ  全11巻完結
レビュー
ReReハロのレビュー

平均評価:4.2 209件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 安心して読める。
    ゆずまるさん 投稿日:2017/4/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公のリリコがとにかく好感度大。 湊もブレることなくリリコを想っていて、本当にお似合いの2人です。 2人が両想いになるまでの過程が良かっただけに、後半はやや失速したかな〜。 葵のくだりが、引っ張り過ぎに感じました。 リリコの弟の塁くんがいいキャラですね。 将来スゴくイイ男に成長しそう(笑) 続きを読む▼
  • (4.0) ほのぼの!
    ちあさん 投稿日:2017/4/2
    お金持ちと一般人ってゆーありきたりな設定だけど、主人公の頑張り屋なとかが応援したくなる!料理も美味しそうでお腹空きます!笑
  • (5.0) ブレない気持ちが強み
    まありさん 投稿日:2017/4/2
    マテリアルの頃より更に画力がアップしてて、もうホント好き(絵が)。 こんなにほのぼのした作風でも、南さんの描く嫌なキャラの言動はとことんムカつきますw 最後らへんで強力なライバルが登場しますが、 彼女は典型的な少女漫画のヒロイン的キャ ラなので 結構ヒヤヒヤというかイライラした読者も多そう。 でもそれより何よりリリコのまっすぐさと、 全くブレることのない湊のカッコ良さと気持ち。 これに尽きます。 ヒロインは多少グラグラしても、そんなに気にならないけど ヒーローくんだけはヒロイン一筋の形が理想です。 ストーリー構成にもよりますが…。その点でも最高でした。 (マテリアルは最後まで結構モヤって、ん?んー?だったから) 最終巻のラブなシーンが意外で、でも、うん、無い方が不自然かも。 全く色気のないリリコだけど綺麗だったし。 もっとみる▼
  • (3.0) 面白いけど読み返さないかな
    いちご水さん 投稿日:2017/3/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 普通にドキドキもハラハラもなく読めて面白いけど何度も読みたくはならない。ところどころ、そんなことでそんな風になる?って思うとこが結構ある。リリカが両思いになり付き合いはじめて、セリナが拗ねてるときにその気を引くためというか、罪悪感消すためというか、納得させるための行動が理解できない。何で何でも屋無料券なの??何で我が儘アホ娘のご機嫌とらなきゃならないの?セリナもそんなのであれだけ好きだった男諦めつくの?納得できるの?あと、名波くんはどうなった??好きだったんじゃないの?さらに、葵はあれだけ盛り上がっといて、あっさり終わった、よね?最後に、あそこまで家の格差があると価値観の違いはあって当然でそこをお互いどう歩みよるかは大事なとこと思うけど完全スルーなのがご都合主義の少女マンガだと思う。どこ行くでも簡単に親のお金でタクシーに乗りまくる男と高校生にしてオカンみたいに家事をこなし、プライベート時間を削って働きお金を稼ぐことを知ってる女の価値観が同じなわけない。 続きを読む▼
  • (5.0) 絵が好き!!
    きくんさん 投稿日:2017/3/20
    絵が綺麗で主人公の女の子の性格がよくてめちゃ可愛い!男の子もかっこよくて、どんどん読めちゃいます。
女性マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 女子校生の家政婦誕生
    主人公の早川リリコは5歳の時に母を亡くす…。それからは家事や弟の世話をしてきた。そんなリリコが15才になったところから話は始まる。 突然脱サラをして『便利屋』を始めた父に振り回されながらも家事を支えるリリコ。 ストレートに絵が可愛いので出てくる男の子もカッコイイ! 偶然見かけた優しい青年との思わぬ再会から話の展開が広がっていく。リリコの奮闘劇?リリコの恋愛劇?さぁどっちでしょうね。キュンキュンやムズムズもありそうな予感の作品。 著者は南塔子、2013年より別冊マーガレットで連載中。若い子からの人気の多い南塔子が描くこの漫画是非オススメ!
    制作担当:なんだぱんだ
▲ページTOPへ