マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当)の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

青年マンガ
極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当)
この巻を買う/読む

極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当)

通常価格:
925pt/925円(税抜)
(3.0) 投稿数21件
軍鶏(22巻完結)
作品内容

【コミック1~3巻分収録】真昼の昼下がり、少年は両親を殺害した。エリート銀行員の父と美しき母の、まとわりつくような愛情が、自分のすべてを吸い尽くすという妄執にかられ、少年は凶行に及んだ。収監された少年院で、少年は「空手」と出会い、その牙と爪を研ぎ続ける。何者にも自分自身を奪われないため、何より、殺されないためにーー。

作品ラインナップ  全22巻完結
レビュー
軍鶏のレビュー

平均評価:3.0 21件のレビューをみる

最新のレビュー
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • ここからの生活
    2008年に香港と日本の合作として、ショーン・ユーと魔裟斗主演で映画化されました。16歳の成嶋亮は殺人を犯したことで、少年院へ送られてしまいます。皆、髪は丸刈りにされ、用意された服に着替え、同じ10代とは思えぬ仲間の集まりに亮は不安を抱きながらも、月の光さえ届かないこの場所で過ごしていかなければならないのです…。最初から、とても辛い場面の連続でした。ですが、ここから亮がどう成長していくのか、少年院とはどういう所なのか、と考えさせられる作品だと思います。原作者の橋本以蔵はドラマの脚本や映画監督をこなし、作画のたなか亜希夫は「ボーダー」や「ア・ホーマンス」などがあります。
    制作担当:ふにゃらん
▲ページTOPへ