漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「エウレカセブン」秘密兵器の全貌公開、京田監督「アネモネの“喪の仕事”描く」
「エウレカセブン」秘密兵器の全貌公開、京田監督「アネモネの“喪の仕事”描く」

2018/10/12 11:00

劇場アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」より、本作のキーとなる秘密兵器“ダイブシステム”の詳細が明かされた。

ダイブシステムとは、人類の敵・エウレカセブンに対抗することができる唯一の手段のこと。エウレカセブンと戦う特殊部隊アシッドに所属するアネモネは、東京湾岸上の“風の塔”にあるダイブ用施設・ホワイトルームから、ダイブスーツと呼ばれる専用スーツを着用し、エウレカセブン内へとダイブする。ダイブで送り込まれた意識・精神は、エウレカセブン内の情報空間でアバターとシンクロ。内部での自由な行動を可能にする。

ダイブシステムは本作でアネモネが、エウレカやドミニクと出会うための重要な役割を果たす。また、アネモネの父・石井賢が帰らぬ人となった作戦とも深い関わりがあるとされた。京田知己監督は「早くに母親をなくした彼女は、7歳の時に父も失います。父は、エウレカセブンを止める作戦に参加して帰らぬ人となったんです。そして、7年が経過し、今度はアネモネ自身が作戦に参加し、エウレカセブンの“中”へと意識をダイブさせることになります。この映画は、そんなアネモネの“喪の仕事”を描きます」とコメントしている。

11月10日に公開される「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」は、2017年秋より劇場版3部作として制作されている「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の第2弾。「エウレカセブン」シリーズ初となる東京を舞台に、アネモネを中心とした物語が展開される。

アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」

2018年11月10日(土)より全国ロードショー

スタッフ

監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一、藤田しげる、倉島亜由美
原作:BONES

キャスト

石井・風花・アネモネ:小清水亜美、玉野るな
エウレカ:名塚佳織
レントン:三瓶由布子
ドミニク:山崎樹範
ミーシャ・ストラヴィンスカヤ:沢海陽子
ソニア・ワカバヤシ:山口由里子
グレッグ・ベア・イーガン:銀河万丈
バンクス:三木眞一郎
石井賢:内田夕夜
デューイ・ノヴァク:辻谷耕史

(c)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

(コミックナタリー)
関連リンク
BONES 
関連タイトル
  • スぺース☆ダンディ

    スぺース☆ダンディ

    BONES/朴晟佑+REDICE/原田雅史

    スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。そして彼は、宇宙人ハンターである。見た事もない新しい宇宙人を発見して、新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。それは、早い者勝ちがルール。宇宙を旅して、誰よりも早く、誰も見た事のない宇宙人を見つける、それが宇宙人ハンターの醍醐味なのだ! 銀河一の“適当男”が壮大な宇宙を舞台に繰り広げるSFスペースコメディー!!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ