漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > カルロ・ゼン原作の「テロール教授の怪しい授業」&サライネスの家族物語、W新連載
カルロ・ゼン原作の「テロール教授の怪しい授業」&サライネスの家族物語、W新連載

2018/10/18 14:33

カルロ・ゼン原作による石田点「テロール教授の怪しい授業」と、サライネス「ストロベリー」の新連載2作が、本日10月18日発売のモーニング、Dモーニング46号(講談社)にてスタートした。

「幼女戦記」「売国機関」のカルロ・ゼンが原作を務める「テロール教授の怪しい授業」は、大学教授のティム・ローレンツを描く物語。怪しいサークルの勧誘を受け戸惑っていた新入生の青年は、ティム教授に助けられる。ティム教授の言葉に惹かれ、彼のゼミに入ることを決めた青年だったが……。

一方、前作「セケンノハテマデ」完結から約2年半ぶりの登場となるサライネスが描く「ストロベリー」は、日本人の父・高丸と、高丸の亡き妻の連れ子・ダリアとアナスタシア、息子の勇利という4人の、不思議な家族を描く物語だ。

またモーニングの創刊35周年を記念した読み切りシリーズ「CARNAVAL(カルナバル)」の第55弾に染谷みのるの「あなたに耳ったけ!」が登場。また同シリーズ第56弾として、背川昇の「あなたのためなら虫も食える」も掲載された。

(コミックナタリー)
関連リンク
サライネス 
関連タイトル
  • セケンノハテマデ

    セケンノハテマデ

    サライネス

    サライネスがお届けする新境地「バンドモノ」。メジャーデビューしたばかりのロックバンド『メトロ6R4』(メトロ シックス アール フォー)のメンバーたちが主人公。とはいえ、演奏シーンは(たぶん)あまり出てきません。毎日、地道にこつこつ暮らすバンドマンたちの姿をわりかしリアルに描きます。野球、猫の話もちょいちょい登場。

    無料立読み 購入はこちら

  • 誰も寝てはならぬ

    誰も寝てはならぬ

    サライネス

    エエ年こいた男二人・ハルキちゃんとゴロちゃん。この二人と周りの人々のモテるとかモテへんとか、結婚したりとか離婚したりとか。人間生きてりゃ恋愛もするっちゅーお話。恋愛は始まってみんとわからんのよ、正味の話。ってな大阪風味の東京恋物語?

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ