漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」2020年に長崎での巡回展が決定
「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」2020年に長崎での巡回展が決定

2019/3/19 23:31

荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」の展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の巡回展が、長崎・長崎県美術館にて2020年1月25日から3月29日まで行われることが決定した。

「ジョジョの奇妙な冒険」30周年のラストを飾るイベントとして、東京と大阪の2会場で実施された「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」。長崎県美術館は昭和初期に活躍した長崎出身の挿絵画家・椛島勝一の作品を収蔵しており、「ジョジョの奇妙な冒険」初代担当編集者・椛島良介氏が椛島勝一の孫にあたるという縁もあり巡回展が実現した。チケットの販売情報などは続報を待とう。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」長崎巡回展

会期:2020年1月25日(土)~3月29日(日)
会場:長崎県美術館 企画展示室

(コミックナタリー)
関連リンク
荒木飛呂彦 
関連タイトル
  • ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版

    ジョジョの奇妙な冒険 第7部 カラー版

    荒木飛呂彦

    【デジタル着色によるフルカラー版!】1890年、アメリカで世紀の大レース『SBR(スティール・ボール・ラン)』が開催された。総距離約6,000km、人類史上初の乗馬による北米大陸横断レースである! 優勝賞金5千万ドル(60億円)をめざし、屈強な冒険者たちの戦いが今始まった!

    無料立読み 購入はこちら

  • ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版

    ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版

    荒木飛呂彦

    【デジタル着色によるフルカラー版!】19世紀末英国。貴族・ジョースター卿は恩人の息子、ディオを養子にする。しかしディオはジョースター卿の実の息子、ジョナサン(ジョジョ)を退け、財産の横取りを計画!謎の石仮面でジョジョを殺そうと画策する。

    無料立読み 購入はこちら

  • ジョジョの奇妙な冒険 第2部 カラー版

    ジョジョの奇妙な冒険 第2部 カラー版

    荒木飛呂彦

    【デジタル着色によるフルカラー版!】ジョナサンの孫、ジョセフ(ジョジョ)はイギリスからアメリカにやって来た。吸血鬼となったストレイツォとの対決でジョジョは究極生物、「柱の男」の事を知る。「柱の男」とは一体何者なのか?

    無料立読み 購入はこちら

  • バオー来訪者

    バオー来訪者

    荒木飛呂彦

    【ページ数が多いビッグボリューム版!】秘密機関“ドレス”が創り出した最強の生物兵器・バオー。橋沢育朗に寄生し、超能力少女・スミレと共にドレスから脱走したバオーに、暗殺者たちが次々と襲いかかる。その時、育朗の中に眠る無敵の生命・バオーが覚醒する!!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ