漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「気分はもう戦争」完全新作がアクションに!大友克洋「全て手描きです。」
「気分はもう戦争」完全新作がアクションに!大友克洋「全て手描きです。」

2019/4/16 20:15

矢作俊彦×大友克洋による完全新作読み切り「気分はもう戦争3(だったかもしれない)」が、本日4月16日発売の漫画アクション9号(双葉社)に掲載された。

「あの“戦争”から38年――。」というアオリ文が付された本作。すっかり頭髪が薄くなったハチマキを筆頭に、めがね、ボウイらのその後の姿が描かれている。大友は掲載にあたり「手描きです。全て手描きです。」とコメント。矢作からも直筆メッセージが届いた。付録として本作の特製ポストカード、特大ポスターが付属している。

そのほか今号では、岡田卓也「愛しのアニマリア」、糸なつみ「まぼろしまたね」という2本の新連載もスタートした。「愛しのアニマリア」は恋するオランウータン・オラミを描いた動物ラブコメ。一方の「まぼろしまたね」は女子中学生・芽出子と、ある事件をきっかけに疎遠になってしまった幼なじみ・穂積を巡る物語だ。

(コミックナタリー)
関連リンク
岡田卓也 
関連タイトル
  • ホライズン

    ホライズン

    岡田卓也

    1173年モンゴル高原、タタールの猛将を討ち取る少年の姿があった。モンゴルの族長イエスゲイの息子・テムジンである。勝利の宴のさなか、イエスゲイの氏族の独行を苦々しく思う氏族たちは、恐るべき陰謀を話し合っていた。それは、後継者であるテムジンの暗殺だった!!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ