漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「HiGH&LOW THE WORST」第1弾ビジュアル、高橋ヒロシが描く鳳仙学園イラスト
「HiGH&LOW THE WORST」第1弾ビジュアル、高橋ヒロシが描く鳳仙学園イラスト

2019/6/13 11:00

映画「HiGH&LOW THE WORST」の第1弾ビジュアルが解禁された。

高橋ヒロシ「クローズ」「WORST」と、メディアミックスプロジェクト「HiGH&LOW」シリーズの世界観がクロスオーバーした物語として展開される「HiGH&LOW THE WORST」。このたびの第1弾ビジュアルには、「クローズ」「WORST」でお馴染み“殺し屋軍団”鳳仙学園のイラストがお目見え。1年生にしてトップに立ち、鳳仙学園をまとめる“キングジョー”こと金山丈を先頭に、月光兄弟の長男・月本光信、次男・光義、三男・月本光政といった顔ぶれが勢揃いした。また下部には高橋が描いた新世代の鳳仙学園のイラストもデザインさている。こちらはシリーズの前作「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」のエンディングで映し出されたものだ。

そして本ビジュアルを使用したチラシ裏面には、鬼邪高校の全日制・定時制メンバーと、鳳仙学園のメンバーが集結。川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)扮する花岡楓士雄をはじめ、全日制で絶大な力を誇る前田公輝扮する轟、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)扮する高城司ら鬼邪高校新世代の面々、「HiGH&LOW」シリーズお馴染みの山田裕貴扮する番長・村山を筆頭とする鬼邪高校・定時制のメンバー、そして志尊淳扮する鳳仙学園の新世代カリスマ的リーダー・上田佐智雄と鳳仙学園四天王が揃い踏み。なお本ビジュアルを使用したポスターが、明日6月14日より全国の劇場にて掲出される。

映画「HiGH&LOW THE WORST」は、10月4日に全国ロードショー。物語はSWORD地区の“O”にあたる通称“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、SWORD地区の隣町・戸亜留市にある最強軍団・鳳仙学園の生徒が、それぞれ互いの高校を名乗る者に襲撃され、敵対心を抱くところから動き出す。また映画の前日談を描くTVドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O」が、7月17日より日本テレビ系列にてオンエアされる。

映画「HiGH&LOW THE WORST」

2019年10月4日(金)全国ロードショー

スタッフ

原作:「HiGH&LOW」/「WORST」
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭
アクション監督:大内貴仁
脚本:高橋ヒロシ / 平沼紀久、増本庄一郎、渡辺啓
企画制作:HI-AX

キャスト

鬼邪高校・全日制

花岡楓士雄:川村壱馬
高城司:吉野北人
ジャム男:福山康平
辻:鈴木昂秀
芝マン:龍
泰志:佐藤流司
清史:うえきやサトシ
中越:神尾楓珠
中岡:中島健
轟洋介:前田公輝

鬼邪高校・定時制

村山良樹:山田裕貴
古屋英人:鈴木貴之
関虎太郎:一ノ瀬ワタル
中茎:青木健
中林:清原翔
中園:陳内将

鳳仙学園

上田佐智雄:志尊淳
小田島有剣:塩野瑛久
沢村正次:葵揚
仁川英明:小柳心
志田健三:荒井敦史
サバカン:坂口涼太郎

※高橋ヒロシの高ははしごだかが正式表記。

(c)2019 髙橋ヒロシ(秋田書店) / 「HiGH&LOW」製作委員会

(コミックナタリー)
関連リンク
高橋ヒロシ 
青木健 
関連タイトル
  • WORST

    WORST

    高橋ヒロシ

    悪名高き鈴蘭高校に入学した月島花を待ち受けていた のは、鈴蘭名物“一年戦争”だった!!不良(ヤンキー)まんがの巨匠が描く新・最強伝説!!

    無料立読み 購入はこちら

  • クローズ

    クローズ

    高橋ヒロシ

    最強の男・坊屋春道を中心に暴走するはぐれ者。群れ ることを拒んだアウトサイダーの怒りと友情!!

    無料立読み 購入はこちら

  • ゾロアスター教

    ゾロアスター教

    青木健

    世界は光と闇の永遠の闘争の舞台である。すべてがわかる決定版! 光と闇の闘争、天国と地獄、最後の審判、メシア思想――「宗教」の源流は古代ペルシアにある。「アーリア性」をキーワードに、現地調査と最新の知見をもとに描くゾロアスター教の全貌。(講談社選書メチエ)

    購入はこちら

  • アーリア人

    アーリア人

    青木健

    スキタイ人・メディア人・ペルシア人・バクトリア人・パルティア人……史上最初の騎馬民族にして壮大なる世界帝国の樹立者。ユーラシア大陸を舞台に興亡を繰り返す諸民族の足跡を、「アーリア性」をキーワードに気鋭のイラン学者がたどる。(講談社選書メチエ)

    購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ