漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 同胞殺された少年が異界の知恵で帝国に立ち向かう「童子軍鑑」、帯には藤崎竜
同胞殺された少年が異界の知恵で帝国に立ち向かう「童子軍鑑」、帯には藤崎竜

2019/6/19 22:12

小田世里奈「童子軍鑑」の単行本1、2巻が、本日6月19日に発売された。

「童子軍鑑」は、体は小さいものの知能が高い種族・ノームの少年であるフェイを軸に描く戦記ダークファンタジー。力を持たないノームは異界より現れた謎の古文書を翻訳し、その知識を人間に与え、彼らに守ってもらうことで日々の生活を送っていた。ノームの長老からすべての古文書を翻訳した暁には、外の世界を自由に旅することを約束されていたフェイだったが、古文書を翻訳し終えたとき、彼らの存在が邪魔になった人間たちがノームの虐殺を始める。なんとか1人だけ生き延びたフェイは、ノームを裏切った巨大な帝国に、これまで培ってきた異界の知恵を使って復讐することを誓う。

本作は週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載中。単行本1巻の帯には藤崎竜が推薦コメントを寄せている。

(コミックナタリー)
関連リンク
藤崎竜 
関連タイトル
  • 屍鬼

    屍鬼

    小野不由美/藤崎竜

    村は死によって包囲されている…!!199X年、猛暑の夏。山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。それから5日後、高台に立つ古い洋館に越して来た桐敷一家に接触した女子高生・清水恵が行方不明に。破壊された村中の地蔵…未だ残る土葬の習慣…そして群発する不可解な死…小さな村で、惨劇の幕が開く!!同名小説原作の、超本格戦慄ホラー!!(原作:小野不由美/漫画:藤崎竜)

    無料立読み 購入はこちら

  • 封神演義

    封神演義

    藤崎竜

    【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける! 殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ