漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「キーボード・マガジン」で78ページにわたるアニメ音楽特集、表紙は梶浦由記
「キーボード・マガジン」で78ページにわたるアニメ音楽特集、表紙は梶浦由記

2019/9/11 22:51

発売中のキーボード・マガジン10月号(リットーミュージック)にて、「アニメと音楽の関係」と題された特集が78ページにわたり展開されている。

本特集では、梶浦由記、川井憲次、神前暁、末廣健一郎、藤澤慶昌がこれまでのキャリアや制作手法について語ったインタビューをはじめ、「clammbonミトが考える現代のアニメ音楽」、プロデューサーの佐藤純之介とYasushi.Kによる対談「アニメの中のシンセ・サウンド」、「藤永龍太郎に聞くElements Gardenと『バンドリ!』の音楽」、「浅倉大介が語るアニソン作曲の面白さ」など、さまざまな切り口から劇伴や主題歌、キャラクターソングといったアニメ音楽の魅力を紹介する。またアニメ音楽の歴史を年代別に紐解く解説ページも用意。さらに「アニメの名曲分析」と題した企画では、「となりのトトロ」の劇中曲「風のとおり道」から「宝石の国」のオープニングテーマ「鏡面の波」まで、幅広い年代のアニメ関連曲10曲を譜例を交えて分析している。

※記事初出時、タイトルと本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(コミックナタリー)
関連タイトル
  • 宝石の国

    宝石の国

    市川春子

    今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ