漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「宇宙戦艦ヤマト2205」監督は安田賢司、来秋に上映!「2202」TV版の総集編も制作
「宇宙戦艦ヤマト2205」監督は安田賢司、来秋に上映!「2202」TV版の総集編も制作

2019/10/14 21:00

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202」の続編、「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」が2020年秋に劇場上映される。そのメインスタッフが発表された。

「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」はアニメ「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクした「宇宙戦艦ヤマト2199」、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」をモチーフに描かれた「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」に続く、シリーズ最新作。「宇宙戦艦ヤマト2202」から3年後の世界を舞台にした、新しいヤマトの物語が展開される。新情報は本日10月14日に東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われた「宇宙戦艦ヤマト2202」のコンサートイベントにて、「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」のシリーズ構成と脚本を担当する福井晴敏から発表された。監督は「しゅごキャラ!」や「マクロスΔ」の安田賢司が担当し、脚本で岡秀樹が参加。キャラクター原案は結城信輝、メカデザインは玉盛順一朗、明貴美加、石津泰志、音楽は宮川彬良が手がける。

さらに「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のTVシリーズ全26話を再構成した「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 総集篇(仮)」が制作されることも決定。2020年に劇場上映されると発表された。

なお11月1日より3カ月限定で、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のデジタルセル版を販売。Amazon.co.jp限定のBlu-ray / DVDに、特典として付属していた福井による書き下ろしオーディオドラマが付く。

「宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち」

2020年秋上映予定

スタッフ

原作:西崎義展
製作総指揮・著作総監修:西崎彰司
監督:安田賢司
シリーズ構成・脚本:福井晴敏
脚本:岡秀樹
キャラクター原案:結城信輝
メカデザイン:玉盛順一朗、明貴美加、石津泰志
音楽:宮川彬良

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 総集篇(仮)」

2020年劇場上映予定

メインスタッフ

原作:西崎義展
構成・監修:福井晴敏
脚本:皆川ゆか
脚本協力:岡秀樹
設定アドバイザー:玉盛順一朗
ディレクター:佐藤敦紀
制作:studio MOTHER

TVシリーズスタッフ

原作:西崎義展
製作総指揮・著作総監修:西崎彰司
監督:羽原信義
シリーズ構成・脚本:福井晴敏
キャラクターデザイン:結城信輝
アニメーション制作:XEBEC

※西崎義展と西崎彰司の崎は立つ崎が正式表記。

(コミックナタリー)
関連リンク
皆川ゆか 
福井晴敏 
関連タイトル
  • しゅごキャラ!

    しゅごキャラ!

    PEACH-PIT

    聖夜学園でウワサの小学生、日奈森(ひなもり)あむちゃん。クールでかっこよくて、みんなから一目置かれる存在。でも、ホントのあむちゃんは……? 「理想のキャラに生まれかわりたい!」と願ったら、突然3つのたまごがあらわれた。そこから「しゅごキャラ」が生まれて……!? 憧れの王子、辺里唯世(ほとり・ただせ)くんに好きになってもらえるような、かわいくて素直な女の子になりたいの。でも、謎のしゅごたま「エンブリオ」を狙うヤツらは許せない! 王子たちとともにガーディアンの一員となり、あむちゃん大活躍!!

    無料立読み 購入はこちら

  • Twelve Y.O.

    Twelve Y.O.

    福井晴敏

    沖縄から米海兵隊が撤退した。それは米国防総省(ペンタゴン)が、たった1人のテロリストに屈服した瞬間だった。テロリストの名は「12」。最強のコンピュータウィルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、米国防総省を脅迫しつづける「12」の正体は? 真の目的は? 圧倒的スケールの江戸川乱歩賞受賞作。(講談社文庫)

    購入はこちら

  • 6ステイン

    6ステイン

    福井晴敏

    愛する男を待ち続ける女、隠居した天才的スリ、タクシー運転手として働きながら機が満ちるのを待った工作員。心に傷を持ちながら、独り誇りを抱き続けた者たちの消せない染み。あきらめることを知らない6つの魂が、薄明の世界に鮮烈な軌跡を刻む。著者が織り成す切なく熱い人間讃歌、人生を戦うすべての者へ。(講談社文庫)

    購入はこちら

  • 人類資金

    人類資金

    福井晴敏

    終戦時、日銀の地下倉庫から莫大な金塊が姿を消した。戦後の混乱と日本の復興を糧に膨れ上がったその資産の名は『M資金』。七〇年ののち、詐欺を生業とする真舟雄一の前に“M”と名乗る男が現れ、とてつもない計画を持ちかける。「『M資金』を盗み出してもらいたい。報酬は50億」待望の書下ろし超大作!(講談社文庫)

    購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ