漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > アニメ「放課後ていぼう日誌」は2020年4月から、アニメーション制作は動画工房
アニメ「放課後ていぼう日誌」は2020年4月から、アニメーション制作は動画工房

2019/10/15 00:00

小坂泰之原作によるTVアニメ「放課後ていぼう日誌」が2020年4月より放送されることが明らかに。併せてティザービジュアル、メインスタッフ情報が公開された。

ヤングチャンピオン烈(秋田書店)で連載中の「放課後ていぼう日誌」は、高校進学を機に海辺の街に引っ越してきた主人公・鶴木陽渚(ひな)たち女子高生4人組を軸とした釣りマンガ。ティザービジュアルには陽渚、帆高夏海、大野真、黒岩悠希という「ていぼう部」の4人の姿が、美しい海と山を背景に描かれた。

監督は「うちのメイドがウザすぎる!」や「干物妹!うまるちゃん」などで副監督を務める大隈孝晴、シリーズ構成は「ダンベル何キロ持てる?」や「アニマエール!」を手がけた志茂文彦、キャラクターデザインは「ガヴリールドロップアウト」の熊谷勝弘が担当。アニメーション制作は動画工房が手がける。なお10月18日には、原作の単行本5巻が発売される。

TVアニメ「放課後ていぼう日誌」

2020年4月より放送

原作:小坂泰之「放課後ていぼう日誌」(ヤングチャンピオン烈 / 秋田書店)
監督:大隈孝晴
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン:熊谷勝弘
アニメーション制作:動画工房

(c)小坂泰之(秋田書店)/海野高校ていぼう部

(コミックナタリー)
メールで送る
▲ページTOPへ