漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 松本零士・高橋陽一がデザイン手がけた招き猫、アートでオリンピックの歴史を表現
松本零士・高橋陽一がデザイン手がけた招き猫、アートでオリンピックの歴史を表現

2021/5/11 19:28

松本零士、高橋陽一がデザインを手がけた招き猫「ラッキーキャット東京エディション」が、WAGTIのオンラインショップ、TOKYO2020 OFFICIAL ONLINE SHOPで販売されている。

「ラッキーキャット東京エディション」は、日本で幸運の意味を持つ伝統的な陶器である招き猫と、日本が世界に誇る文化であるマンガを掛け合わせたアイテム。国際オリンピック委員会とのライセンス契約により、アートを通してオリンピックの歴史を表現するプロジェクト「オリンピックヘリテージコレクション」の新商品として作られた。

日本で1964年に開催された第18回オリンピック競技大会を知る松本は、当時の大会種目の中でも印象に残る水泳を、いつまでも色褪せない喜びの瞬間として表現。一方、世界中で愛されるサッカーマンガ「キャプテン翼」を世に送り出した高橋は、日本の国旗の日の丸をサッカーボールで表し、サッカーという競技を通してすべてのオリンピック・パラリンピック選手の成功を応援するメッセージをデザインに込めた。

価格は2体セットで税込3万3000円。商品は本日5月11日より注文を受け付けており、注文日から約1カ月半後に発送される。

(コミックナタリー)
関連リンク
高橋陽一 
松本零士 
関連タイトル
  • キャプテン翼

    キャプテン翼

    高橋陽一

    【ページ数が多いビックボリューム版!】小学生編(1):サッカーボールを友達に育った少年、大空翼は小学6年生。南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う。翼は若林に勝負を挑むが、決着は両校の対抗戦でつける事に!!

    無料立読み 購入はこちら

  • 男おいどん

    男おいどん

    松本零士

    九州男児「おいどん」こと大山昇太は4畳半に住んでいる。押し入れにはパンツが山と積まれ、サルマタケという奇妙なキノコが生える始末。だが彼の極貧生活においてはこのキノコさえも貴重な食料である。昼間に工場でバイトし、夜間高校に通う彼だが失敗がもとでクビ、中退、失恋と次々に試練が重なる。そんな折、向かい部屋に西尾令子が来た。思いやりのある彼女に魅かれていくおいどんだが……。

    無料立読み 購入はこちら

  • クイーンエメラルダス

    クイーンエメラルダス

    松本零士

    惑星ジェラで生涯の友となるクイーンエメラルダス号とめぐりあったエメラルダス。互いに身をよせあい、かばいあいながら、宇宙の旅へ出た……。何のために、何を探して、宇宙をさまよい続けるのか、その理由は誰も知らない。そんなエメラルダスが、アルギューレの赤い砂の上で、宇宙船を失った一人の少年・海野広(うみのひろし)に出会った。エメラルダスはこの不屈の闘志を持つ少年に、何か運命的な強いきずなを感じる……。

    無料立読み 購入はこちら

  • ゴールデンキッズ

    ゴールデンキッズ

    高橋陽一

    父親の転勤のため、東京から新潟へ引っ越した、北川剛流に訪れた新たな試練。押さえつけられるたびに湧き上がる、ゴールキーパーへの思い! シリーズ第8弾!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ