電子コミック大賞
TOP
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「銀河鉄道999」ミュージカル化!星野鉄郎役は中川晃教、メーテル役に神田沙也加
「銀河鉄道999」ミュージカル化!星野鉄郎役は中川晃教、メーテル役に神田沙也加

2021/10/14 07:00

松本零士「銀河鉄道999」を原作とするミュージカル「銀河鉄道999 THE MUSICAL」が、2022年4月に東京・日本青年館ホールにて上演される。

星野鉄郎役は2018年・19年上演の舞台「銀河鉄道999」でも同キャラクターを演じた中川晃教が、メーテル役は神田沙也加が担当。また脚本・作詞は高橋亜子、演出は小山ゆうなが手がけ、音楽監督は今作のエンディング曲にも決定している「銀河鉄道999」の編曲を担当したゴダイゴのミッキー吉野が務める。「銀河鉄道999 THE MUSICAL」では、オリジナルエピソードも加え、宇宙への旅立ちから別れまでを“完全版”として描く。その他の出演者や公演の詳細は追って伝えられる。

中川晃教(星野鉄郎役)コメント

星野鉄郎という人物と出会ったことで、僕自身にも、考え方の指針ができたように思います。
それくらい、誰かに影響を与えるような存在が星野鉄郎です。
鉄郎は、人間と、かつては人間だった機械化人と、どちらも共通する内に秘めた自分の運命を生きていくという素晴らしさに気づきます。
眼前に見える宇宙という無限の世界、生きていくために夢を絶やさずに調和する心を育むその傍らに、いつもメーテルがいます。そして、逞しいキャラクターたちが勢揃いします。
きらめく星々は、精一杯に生きた大切な命の輝きと重なりあって、私たち人間の本質にあるもの、その真理に気付いたとき、999号の汽笛と共に、今を生き抜くすべての人の心の旅路へとつづいていくこの舞台。ぜひ劇場で、この感動を味わってもらえたら、最高です!!

神田沙也加(メーテル役)コメント

この度「銀河鉄道999 THE MUSICAL」でメーテル役をつとめさせていただきます、神田沙也加です。
「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」を拝見して、やはりメーテルは永遠の存在だなと感じていましたので、今回このようなご縁をいただきとても光栄です。
鉄郎役の中川晃教さんとも11年ぶりにご一緒させていただきます。
ヴィジュアル撮りも、2人で集中した時間をとても美しく切り取っていただきました。
皆様に公開出来るのを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

高橋亜子(脚本・作詞)コメント

一人の少年が永遠の命を求めて銀河を旅する物語『銀河鉄道999』。原作の中には、人間の愚かさや哀しさと、だからこそ生まれる尊さが存分に描かれています。銀河への旅は人生そのものであり、しあわせとは何かを知る旅です。今回はミュージカル独自のエピソードも織り込みながら、鉄郎が様々な出会いと別れを通して何を見つけ出すのかを、素晴らしいスタッフ、キャストの皆さんと共に、力強く描き出していきたい思っています。

小山ゆうな(演出)コメント

松本零士先生の「銀河鉄道999」ミュージカル化に携わらせていただけるという事、大変光栄に思っております。緊張感をもって精一杯努めさせていただきたいと思います。
鉄郎3回目の中川晃教さん、メーテルの神田沙也加さん始め豪華なキャストの皆様、そして高橋さんの脚本、ミッキー吉野さんの音楽!!!
原作への熱い思い溢れる制作チームの皆様と松本先生の世界観を大切に創作していければと思っております。
よろしくお願いいたします。

ミッキー吉野(音楽監督)コメント

嬉しいですね。
コロナ禍になる前に中川晃教君にお誘いを受けて明治座に舞台「銀河鉄道999」を観に行きました。若さ溢れるステージに感銘致しました。そして、今回は音楽担当で参加させて頂きます。時代、世代を超えての作品づくり、ものづくりを生き甲斐としている私にとって、世代を超えたキャスト&スタッフの皆さんと、時代を超えた作品づくりが出来ることに感謝と同時に、心燃えてます。

(コミックナタリー)
関連リンク
松本零士 
小山ゆう 
関連タイトル
  • クイーンエメラルダス

    クイーンエメラルダス

    松本零士

    惑星ジェラで生涯の友となるクイーンエメラルダス号とめぐりあったエメラルダス。互いに身をよせあい、かばいあいながら、宇宙の旅へ出た……。何のために、何を探して、宇宙をさまよい続けるのか、その理由は誰も知らない。そんなエメラルダスが、アルギューレの赤い砂の上で、宇宙船を失った一人の少年・海野広(うみのひろし)に出会った。エメラルダスはこの不屈の闘志を持つ少年に、何か運命的な強いきずなを感じる……。

    無料立読み 購入はこちら

  • 男おいどん

    男おいどん

    松本零士

    九州男児「おいどん」こと大山昇太は4畳半に住んでいる。押し入れにはパンツが山と積まれ、サルマタケという奇妙なキノコが生える始末。だが彼の極貧生活においてはこのキノコさえも貴重な食料である。昼間に工場でバイトし、夜間高校に通う彼だが失敗がもとでクビ、中退、失恋と次々に試練が重なる。そんな折、向かい部屋に西尾令子が来た。思いやりのある彼女に魅かれていくおいどんだが……。

    無料立読み 購入はこちら

  • ももたろう

    ももたろう

    小山ゆう

    尾仁乃島を出て上京し、巌流部屋に入門した百田桃太郎。大相撲の伝統・格式なんのその。ひんしゅくモノ大問題児が大暴れ。

    無料立読み 購入はこちら

  • 風の三郎

    風の三郎

    小山ゆう

    風を裂き、大地を焦がす「炎の剛球」を身に付けた少年・武蔵三郎が、史上最強のナインを求めて、いま旅立つ! 巨匠・小山ゆうが描いた伝説の野球コミック、ここに復活!!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ