We Love コミック!
TOP
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックニュース > 「ミステリと言う勿れ」菅田将暉がピュアなまなざしで見つめるポスタービジュアル
「ミステリと言う勿れ」菅田将暉がピュアなまなざしで見つめるポスタービジュアル

2021/11/26 06:00

田村由美原作によるTVドラマ「ミステリと言う勿れ」のポスタービジュアルが公開され、併せて放送情報も発表となった。

ポスタービジュアルは、菅田将暉演じる天然パーマの大学生・久能整がピュアなまなざしで真っすぐ前を見つめる姿が印象的なデザインに。静かに雪が舞う中、ふんわりと優しげな光がビジュアルいっぱいに溢れている。またドラマ第1話にも登場するというセリフ「真実は一つじゃない、人の数だけある。」がコピーとして入れられた。ドラマは2022年1月10日に放送スタート。初回は放送時間を拡大した90分スペシャルとなる。

草ヶ谷大輔(プロデューサー)コメント

ドラマ化が決まった時から自分の頭の中にあったビジュアルイメージが、菅田将暉さん、デザイナーの重本さんによって、具現化されたポスターを初めて見たとき、鳥肌が立ちました。物事の本質を見つめる主人公・久能整の鋭くも優しい目線と表情、そして、ミステリー作品でありながら、温かみのある色合いと、舞う雪で表現されたデザインが、この作品に流れる空気感として伝わってくると思っております。実はこちらのポスターの中に舞う雪ですが、一つだけ雪ではなく、“桜の花びら”が混ざっているんです。この桜の花びらにはこのドラマにとって非常に重要な意味が込められています!それが何なのか、放送を見ながら答え合わせを楽しんで頂ければと思います。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」

放送情報

フジテレビ系:2022年1月10日(月)より毎週月曜日21:00~
※初回は90分スペシャルとして21:00~22:24で放送。

スタッフ

原作:田村由美「ミステリと言う勿れ」(小学館「月刊flowers」連載中)
脚本:相沢友子
プロデュース:草ヶ谷大輔、熊谷理恵
演出:松山博昭、品田俊介、相沢秀幸
制作・著作:フジテレビ 第一制作部

キャスト

菅田将暉、伊藤沙莉、尾上松也、筒井道隆、遠藤憲一ほか

(コミックナタリー)
関連リンク
田村由美 
関連タイトル
  • BASARA

    BASARA

    田村由美

    文明が滅びて数百年、暴君に支配されたこの国に生を受けた双子、タタラと更紗。タタラは、「長じて後、人民を率い国を救う」と予言された「運命の子供」だった。ある夜、村に西の地を治める赤の王の軍勢がやって来る。更紗の目の前で殺される、タタラと父。運命の子供の死に絶望し、焼け落ちる村と運命を共にしようとする村人達を救うため、更紗は髪を切り、タタラを名乗って立ちあがった。
    自由とはなにか、政治とはなにか、そして、贖罪とはなにかということを、強烈に問いかける!第38回 小学館漫画賞受賞作品。

    無料立読み 購入はこちら

  • 猫mix幻奇譚とらじ

    猫mix幻奇譚とらじ

    田村由美

    パ・ド・マリアーナ暦3332年。人々はねずみと戦い続けている。ねずみは村を襲い人を食う。中でも「魔法のねずみ」は動物たちを半人型に変えてしまい、変えられるとmix(ミックス)と呼ばれる。魔法のねずみに息子リオを連れ去られた勇者パイ・ヤンは、猫のmixである“とらじ”と共に捜索の旅に出るが…!?

    無料立読み 購入はこちら

  • パレット文庫 真夜中に馬車が来る

    パレット文庫 真夜中に馬車が来る

    田村由美

    真夜中に子供達を乗せて走る馬車の正体は?
    真夜中の2時、ふと窓の外を見ると、小さな弟が見知らぬ馬車に乗りこんでいく。いったいどこへ? 両親に話しても、なぜか心配していない様子…。思いあまって、次の日また現れた馬車に乗りこんだ彼女の見たものは?表題作を始め、『エンジェルが飛んだ』などファンタスティックな味わいの作品を集めた珠玉の中短編集。漫画家として人気絶頂の田村由美の、初めての小説集!

    無料立読み 購入はこちら

  • パレット文庫 楽園に行きませんか

    パレット文庫 楽園に行きませんか

    田村由美

    <楽園>と呼ばれる別の世界から誘いの手が…。中学2年の春、友達の雪弥くんが消えた。天才とも神童とも呼ばれていた頭のいい男の子で、野球部のエースだった剛くんとともに、あたしの自漫の友達だった。彼は消えた。「楽園に行く」…あたしだけにそう言い残して…。高校2年になったばかりの春、世間では行方不明者が続出している。それぞれの分野で優秀な若い人達が。そして、あたし桃子にもある日、誘いの手が…。ファンタジー意欲作!

    無料立読み 購入はこちら

メールで送る
▲ページTOPへ