シーモアレンタル

レンタル書籍点数:86828点 電子コミックを2泊3日でお手軽レンタル!

青年マンガ
夜見の国から~残虐村綺譚~

夜見の国から~残虐村綺譚~

価格(税込): 600pt/660円 (2泊3日)
作品内容

別冊漫画ゴラクに連載されていた、漫画ゴラクらしくない残酷劇画『夜見の国から~残虐村綺譚~』。この物語のモデルは言うまでもなく、太平洋戦争中に岡山県の山間部の集落で起こった「津山事件」である。約2時間半で33人を殺した都井睦雄こそが本作の主人公・都居睦男であるということは、その名前を見ても明らかだ。この漫画、前半はネチネチとした集落の因習、ただれた人間関係をこれでもかとばかりに丁寧に描く。その間の村の者の睦男に対するイジメが最悪。心まで蝕まれていく睦男。いや、もしかしたら始めから心は…。まるで殺戮の舞台装置を作るかのように緻密に、執拗に動機を構築し、そして終盤からの殺戮が始まる。百数十頁にも及ぶ大殺戮シーンは容赦がない。血も涙もない…いや、血と脳漿と怒りが炸裂するラストに、読む者は度肝を抜かれるだろう。

レンタルラインナップ 全1巻完結!

レビュー

夜見の国から~残虐村綺譚~のレビュー

平均評価:3.6 12件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 面白い
    Kaoriさん 投稿日:2019/8/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 狂気の背景や人間の残酷さ、ビリビリ伝わってくる感じです。迫力ありました。主人公は狂っているのでしょうが、結構冷静だったりして、なんか実際はそういうものなんだろうなと妙に納得しちゃいました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 読み応え◎
    犬次郎さん 投稿日:2017/3/21
    本当にあった事件を題材にしたサスペンスホラーです。圧巻の描写で迫力が凄いです。時代背景、主人公を取り巻く状況や内面の描写もしっかりとされているので、読み応えがあります。恐ろしくも悲しい、そしてほんの少しだけ希望を感じるお話しでした。
  • (4.0) 追儺の鬼
    ムーの大陸さん 投稿日:2018/7/6
    大江山の酒呑童子も、追儺の鬼から本物の鬼に変化したらしいですが 都井睦雄も負けないくらい哀れなイジメの被害者だと分かる漫画でした。山岸凉子の負の暗示も読んだけど、まだ救いがあった。でもこちらの方は、同情するぐらい哀しい被害者で泣けました。 村を巻き込んだ無理心中でしたね。 もっとみる▼
  • (4.0) 怖い
    さとりさん 投稿日:2017/7/31
    すごく怖い。でも、どこまで実話かわからないけど、細かい内容が臨場感あつた。
  • (4.0) 絵がいい
    六月更紗さん 投稿日:2016/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 津山殺人事件をテーマにした作品は、小説やルポで読んだことはありますが、漫画として読んだのは初めてです。 大変上手な漫画家さんの手によって描かれているため、残酷ながらもぐいぐい引き込まれる魅力がありました。 ただ、カタカナ表記の送り仮名は読み辛かった。 あと煮物のおばさん可哀想……。 続きを読む▼
  • (4.0) 描写がすごい。
    しずかさん 投稿日:2016/9/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 これは津山三十三人殺し事件を元にしているのでしょうか?共通点が多数あったので…。睦男はただの殺人鬼ではありません。周りの人間が彼をそこまで追い詰めたのだと思います。憎しみしかなかったはずが、最後、みな子だけを殺さなかった事で初めて睦男が人間らしく思え、純粋な気持ちに触れた気がして切なく思いました。睦男が可哀想で、殺人鬼に初めて同情しました。 続きを読む▼
▲ページTOPへ