漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

パレット文庫 壬生狼伝1

通常価格:
280pt/308円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数1件
パレット文庫 壬生狼伝(3巻配信中)

作品内容

諸外国が日本に対し干渉を強めていた幕末。国内では、尊壤(そんじょう)倒幕派と幕政存続を唱える佐幕派との抗争が激化、幕府方武闘集団・新撰組(しんせんぐみ)は、京において倒幕派の浪士捕縛(ほばく)に狂奔(きょうほん)していた。 三河(みかわ)の郷士(ごうし)の次男で十五歳の帯刀朔次郎(たてわきさくじろう)は新撰組の噂(うわさ)を聞き、親の反対を振り切り出奔(しゅっぽん)、新撰組の本拠で隊随一(ずいいち)の剣豪・沖田総司(おきたそうじ)と出逢う。入隊試験は、なんと沖田との立ち合い! 腕の差はともかく朔次郎は気迫と一途(いちず)さを買われ、沖田預かり隊士見習いとなる。 驚くほど気さくでお茶目は沖田に惹(ひ)かれてゆく朔次郎、そして沖田も……。 妬(ねた)みや裏切り、敵への拷問(ごうもん)……。志士たちを生身(なまみ)の人間として描く快作!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • パレット文庫 壬生狼伝1
    登録して購入
    通常価格:
    280pt/308円(税込)
    諸外国が日本に対し干渉を強めていた幕末。国内では、尊壤(そんじょう)倒幕派と幕政存続を唱える佐幕派との抗争が激化、幕府方武闘集団・新撰組(しんせんぐみ)は、京において倒幕派の浪士捕縛(ほばく)に狂奔(きょうほん)していた。 三河(みかわ)の郷士(ごうし)の次男で十五歳の帯刀朔次郎(たてわきさくじろう)は新撰組の噂(うわさ)を聞き、親の反対を振り切り出奔(しゅっぽん)、新撰組の本拠で隊随一(ずいいち)の剣豪・沖田総司(おきたそうじ)と出逢う。入隊試験は、なんと沖田との立ち合い! 腕の差はともかく朔次郎は気迫と一途(いちず)さを買われ、沖田預かり隊士見習いとなる。 驚くほど気さくでお茶目は沖田に惹(ひ)かれてゆく朔次郎、そして沖田も……。 妬(ねた)みや裏切り、敵への拷問(ごうもん)……。志士たちを生身(なまみ)の人間として描く快作!!
  • パレット文庫 壬生狼伝2
    登録して購入
    通常価格:
    280pt/308円(税込)
    幕府方武闘集団・新撰組(しんせんぐみ)は、京に多数の尊壤(そんじょう)討幕派浪士が潜入しているという情報を掴(つか)み、捕縛(ほばく)した大物・古高俊太郎(ふるたかしゅんたろう)の隠れ家にあった書状から、親幕派の朝彦(あさひこ)親王邸焼き討ち計画を知る。 一刻の猶予(ゆうよ)もなかった。監察方(かんさつがた)を走らせた結果、敵方の集結場所は四国屋(しこくや)と池田屋(いけだや)らしい。隊は二手に分かれ、沖田総司(おきたそうじ)は近藤勇(こんどういさみ)局長らとともに池田屋に突っ込み、血煙(ちけむり)しぶく修羅場に! だが沖田の身体に異変が!? 屯所(とんしょ)で留守番の隊士見習い・帯刀朔次郎(たてわきさくじろう)は、出動の直前に想いを確かめ合った沖田の身を案じ共に闘えぬことを悔しがるが…その後目にした現実は…。 大好評『壬生狼伝(みぶろでん)』の強力第二弾!!
  • パレット文庫 壬生狼伝3
    登録して購入
    通常価格:
    280pt/308円(税込)
    幕府軍が討幕派の長州(ちょうしゅう)軍を破った禁門(きんもん)の変の後、長州征伐(せいばつ)の準備が進む。幕府方武闘集団・新撰組(しんせんぐみ)も隊を補強すべく近藤(こんどう)局長自ら江戸に下(くだ)った。だが隊内では局長や土方(ひじかた)副長への不満がくすぶり、なんと山南(やまなみ)総長が脱走してしまう。追ったのは沖田総司(おきたそうじ)と帯刀朔次郎(たてわきさくじろう)。脱走は切腹の重罪だが、山南はあたかも捕まえてくれという風情(ふぜい)で近江(おうみ)の宿屋にいた。そして……。江戸での徴募(ちょうぼ)は成功するが、中核を担(にな)う試衛館(しえいかん)組が歓迎するはずもなかった。 暇(ひま)をみては身体を重ね合う沖田と朔次郎だが、沖田の病(やまい)はすでに……!? 非情な歴史の波に呑(の)まれてゆく志士達を描く『壬生狼伝(みぶろでん)』感動の最終章!!

レビュー

パレット文庫 壬生狼伝のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 星4,5。幕末新撰組が舞台。読みやすい。
    lvivさん 投稿日:2018/7/25
    (小説、全3巻t)。 1巻だけあったのでとりあえず読んでみたら、続きものだった! 思った以上に面白かった。 主人公の美少年が実在の人物かわからないけど、新撰組の宿舎を舞台にしていて当時の時代背景がわかって面白い。 最初は襲わ れてただけで恋愛感情がないからBLじゃないのかな? と思ったけど、1巻の後半から気持ちに変化が。 この先の話が楽しみ! これは続きが気になる! 全巻一気読みしたくなります。 同じタイトルでイランイラン文庫もありますが、同内容のようです。 (*全巻読んで追記) 2巻以降、恋愛色も強くなって面白くなってきます。 けど3巻、まだまだこれから先の話が読みたいところで、未来の話をほんの少し語って、完。 んー、惜しい! せっかくなら総司が若くして亡くなるところまで、読みたかった。。 お話としては歴史背景を抑えつつも、描写はサラッと。 心情や2人の周囲の状況が丁寧に書かれてます。 歴史ものとして読むにはやや弱いですが、逆に言えば歴史が苦手な方にも読みやすく、話に入りこみやすいです。 お話としては星4くらいですが、BLでは珍しく歴史もので取材力もあり、レビューも少ないようなので、応援も込めて星5で。 もっとみる▼
▲ページTOPへ