漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

遥山の恋

通常価格:
855pt/940円(税込)
(4.8) 投稿数4件
遥山の恋(1巻完結)

作品内容

身体に醜い痣をもつ少年・紫乃は、老犬・シロと狩りの最中に傷ついた戦装束の青年を救う。人と交流を持たず、山で一人、暮らしていた紫乃にとって、誰かが近くにいることが何よりも嬉しかった。夢でうなされ苦しむ青年を、必死に看病する紫乃。しかし、目覚めた青年は、紫乃の顔の痣を見て『化け物』と罵る。青年の残酷な言葉に深く傷ついた紫乃は、それでも献身的につくすのだったが――。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

遥山の恋のレビュー

平均評価:4.8 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 六青みつみ色全開です
    まちるださん 投稿日:2019/5/2
    デビュー作!?本当に?という達者さです。 キャラ設定もストーリー展開も、まさに六青みつみ全開です。このお話が好みだったら、その他の作品もほとんど面白いんじゃないかな、と思います。

高評価レビュー

  • (5.0) おススメ!
    ぶぶみさん 投稿日:2018/10/19
    六青先生のデビュー作です。えっ?本当に?と思うほど構成がしっかりしてる。何故こんなに素晴らしい作品なのにレビューが少ないのか?と思うほど良かったですもちろん先生の作品ならではの受けが耐える設定もあるけど、最後はハピエンで(デビュー作で はありませんでした。すみません(TT)デビュー作は「君がこころの月にひかれて」とゆう作品でした。そちらも六青ワールド前回でした。1.8.31追記) もっとみる▼
  • (5.0) 泣けました
    ジュリエッタさん 投稿日:2018/1/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 これって、確か、六青みつみさんのデビュー作ですよね。 完成度高かったです。 六青さんの作品を読むのは初めてでしたが、大満足でした。 二人は本当に出会えてよかったなぁ〜って思いました。 激しくネタバレしてますので・・・・ ネタバレしないで読むほうが面白いお話ですよ まず、攻めの橘貴哉は最初、おぼっちゃまだったんでしょうね。 とっても傲慢で嫌な奴です。 世間知らずの上、いつもチヤホヤされていたので感謝とか謝罪も知らないんですね。 ところが裏切られ、瀕死の状態で紫乃(受け)に出会い なんの見返りも求めずに看病をしてくれる紫乃(受け)に 痣があるにも関わらす惹かれるようになります。 本当の心根は優しい奴だったんでしょうね。 そして、紫乃(受け)から自然の摂理とか調和について学びます。 自分の考え方がおかしかったことにも気づきます。 紫乃(受け)は、やっぱり孤独だったんでしょうね。 愛を知ります。 それによって苦しくなることもありますが・・・ 山人として二人は仲むつましく暮らすんですが、 攻めの橘貴哉の従者が迎えに来て 彼は地元に帰ります。 1年後に必ず迎えに来ると約束して・・・・ ところが、3年後になっちゃうんですね。 攻めの橘貴哉にとってはあっという間の3年なんですが、 山で一人寂しく暮らす受けの紫乃にとっては長い3年です。 ここで、ドラマがあります。 その試練を乗り越えて二人は里で一緒に暮らすことになるのですが、 ここからが、また良いですね。 受けの紫乃は山で一人暮らしをしていただけあって自立心が旺盛で 攻めの橘貴哉と対等なパートナーになりたいと願うんですね。 この辺りが、すごくいいなって思いました。 よく似たお話(不憫受けと旦那様)そらのだいじな旦那さま (幻冬舎ルチル文庫) - というのがあるのですが、こちらは受けが性格は良いのですが、依存的で、なんで評価が高いかわからなかったんですが・・・・ 受けの紫乃は結局、山に帰ります。 側にいても、支えることができないからです。 でも攻めの橘貴哉は思わぬ行動をとります。 本当に受けの紫乃のことを深く愛していたのでしょうね。 最後はもちろんハッピーエンドです。 何よりも受けの紫乃の幸せを考えた攻めの橘貴哉の行動に感動しました! その後の二人の様子もちらっと書いてあったのも良かったですね。 続きを読む▼
  • (4.0)
    リーさん 投稿日:2017/5/29
    けっこうページ数があります。ちょっと切ないです。泣けてくるストーリーです

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ