漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

バロック・パール

通常価格:
833pt/916円(税込)
(4.0) 投稿数1件
バロック・パール(1巻完結)

作品内容

騒乱の収まった船内で、事後処理の点検中、思わぬ事故によって、カイは意識を失ってしまう。数日後、ジュール=ヴェルヌのクルー達が見守るなか、目覚めたカイは記憶退行を起こしていた。現れた人格は十三歳の時のカイ、『イシス』だったのだ。彼は普段の禁欲的で頑固なカイとは違い、天真爛漫なエピキュリアンであり、周囲を混乱させる。三四郎はこの対照的な『カイ』と『イシス』への思いに苦しみ、悩み、そして、ある選択をするが……。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

バロック・パールのレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 憎めないイシス
    あらびきさん 投稿日:2019/4/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 イシスが天真爛漫で、可愛いかった。三四郎、凱、サンドラやロード、それぞれの考える「カイの幸せ」とは…。 イシスとカイを巡って意見が対立し、それを通してカイ以外の登場人物の内面や考え方が深く掘り下げられています。これまで何度となく触れられてきた三四郎に対するカイの絶望感が納得できました。と同時にイシスの可愛さも見ているし三四郎なりの優先度も分かる…と読者も悩む。 最後は復活して安心!やっぱり私はカイ派でした。でも登場人物たちは好き嫌いで決められないんだろうな…やっぱりこの不安定な二人から目が離せない、と思わされました。 オチというか、タイトルも秀逸。読みごたえがありました。 続きを読む▼

広告掲載中タイトル

ライトノベルランキング

▲ページTOPへ