漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 突風平野 風車よ闘え!/執念がエネルギーを生んだ

通常価格:
100pt/110円(税込)
プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 突風平野 風車よ闘え!/執念がエネルギーを生んだ(1巻配信中)

作品内容

昭和58年、空前の大ヒットとなった連続ドラマ「おしん」。豪雪が貧困をもたらした山形の中で、さらなる苦しみを背負った町がある。山形県立川町。最上川から吹き付ける強烈な風と格闘を続けてきた。
 「立川だけには嫁に出すな」近隣の市町村には嫌な噂があった。
 昭和55年、役場の企画課に風プロジェクトが発足。風力発電を行い、そのエネルギーで温室栽培を行い、余った電力を電力会社に売るという日本初の試みが始まった。
 早速、小型風車を購入。温室で山菜が実り始めた。
 その翌年、科学技術庁から風力発電のモデル地区に選ばれた。国から委託された新型風車で、養豚場のヒーターが回った。
「今度こそ」農家の長南は温室をたて、野菜や花の苗を育て、実用化に備えた。
しかし5年後、新型風車が地吹雪に叩き落とされた。
 昭和63年、3度目のチャンスが訪れた。「ふるさと創生一億円」。これを資金に「清川だし」に負けない本格的な風力発電に取り組んだ。しかし、メーカーが出した見積もりは12億円。海外から輸入しようにも前例が無く、国の許可は下りなかった。
しかし企画課の職員は諦めなかった。担当官の前に座り込み、粘り強く交渉を続けた。
 そして平成3年、アメリカから巨大風車3機を輸入した。
「清川だし」を見事に受け止め、勢いよく回り始めた。
 苦しめられた風を、希望の風に変えた住民達の執念の物語を描く。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

プロジェクトX 挑戦者たち 願いよ届け 運命の大勝負 突風平野 風車よ闘え!/執念がエネルギーを生んだのレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ