漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

愛はね、【イラスト入り】

60pt還元!(2019/9/25 0:00まで)
ポイント獲得2019/9/25
通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.1) 投稿数22件
愛はね、(1巻配信中)

作品内容

予備校生の望は、幼なじみの俊一に片想いをしている。けれど、ノンケの俊一は決して自分を好きにならないと知っている望は、その想いを胸の奥に閉じ込めるしかなかった。他の誰かを好きになろうと、駄目な男と付き合っては泣かされる日々を繰り返す望。一方、そんな望にうんざりしながらも放ってはおけない俊一は、いつも望の世話を焼いてきた。しかし、そんなふたりの関係が変わるときがやってくる。俊一の知人・篠原が、望と付き合いたいと言ってきたのだ。それを後押しする俊一に、抗えず従う望だが……。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

愛はね、のレビュー

平均評価:4.1 22件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 泣きました
    ゆりりさん 投稿日:2019/9/15
    タイトルのまんま、愛はね、について考えさせられる内容でした。 同性を好きになる。 相手は男だから、受け入れるのにすんなりとはいかない。 気持ちは通じても体までは受け入れきれない 続きがあるそうなのでそちらも読みます。 泣き ました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 痛くて泣ける
    ほいちゃんさん 投稿日:2019/8/29
    痛い…ひたすらに痛い…木原音瀬作品を読んだときと同じ痛み…ひたすらに愛を求める一冊…愛するって一体なんなんだろう。なぜ人は愛を求めるんだろう。何が正しくて何が本物なんだろう。 たまにこういう本に出会えるからBLはやめられない。
  • (5.0) 泣ける!
    ぱるさん 投稿日:2019/2/14
    とにかく二人のすれ違いが泣けました。続編があるようなので、それまで苦しい展開ですが、作者独特のイチャイチャの前の苦しみかと…耐えてみせます!続きか楽しみ!!
  • (5.0) うー
    ルイジさん 投稿日:2019/1/1
    これまた、俊一がなんとも樋口先生の書く いつもの攻めとは 一味違いました。 若い二人の今後が知りたくなる。 いつも、受けが、不憫から、強い可愛い しなやかな人に成長してゆく様を見れて目が離せない。 やっぱイチ押しの作家さんです。
  • (5.0) こんなに深い愛を今まで見たことない
    ホモさん 投稿日:2018/9/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 「愛はね、」シリーズは、続編の「ぼうや、もっと鏡みて」まで読んでひとつの作品だと思います。 一応「愛はね、」だけでも終わりには終わっていますが…続編を読むとこの作品の奥深さ、凄さがよりはっきり感じられます。 家族から厄介者扱いされて愛を知らないがゆえに誰にでも簡単に体を許してしまう受けと、「ゲイなんて普通じゃない」という偏見ゆえに受けへの愛を恐怖や暴力という形で示そうとする攻めの話です。 受けは、軽い恋愛依存症、セッ○ス依存症のような感じです…が、本当は恋愛もセッ○スもしたくない。ただだれか自分を必要としてくれる、生きていていいよと言ってくれる人が欲しいだけ…それがあまりにもかわいそうで、かわいくて、読むたびに涙が溢れます。 ゲイというだけで周りに見下されて、でもそんな嫌なやつらのことさえ許してあげる優しい受けは聖母のようです。 攻めは本当にひどいやつです…客観的に見れば、受けは暴力を振るったりするどうしようもない男たちとばかり体の関係をもって、何度もそれを繰り返していてバカみたい…と思われがちですが、その行動の根本にある「生きてていいんだよ」「あなたを必要としているよ」と言ってくれる人さえいれば安定するんです。例えば家族とか。 でも攻めの闇はすごく深くて厄介で…受けのことが大好きなのに「普通でいなきゃ」と謎の固定観念に縛られて、受けを攻撃することで「好き」の気持ちを発散しようとします。 守りたいのに責めてしまう、まさにDVです…。 でも、続編の「ぼうや〜」を読めば攻めの気持ちが痛いほどよくわかります。続編は攻め視点なので、あの時あんなこと考えてたのか…と「愛はね、」の答え合わせをするような感じです。 続編では2人が幸せになった姿もたっぷり見られるので、一気に2巻読むのをおすすめします!! 続きを読む▼
  • (5.0) タイトルも最後の最後でとても納得
    riririca さん 投稿日:2018/5/16
    思ってたよりずっと深い話しだった。最後のSSがとても良かった。メイン自体は途中、ほんとにイラついたりしたけどそれってストーリーに相当自分が入り込んでたんだなぁ、、、と読後に思う。イライラもしたけど、それ以上に切なくってドキドキもした。濃厚な お話しを読んだなぁ、、、攻め視点での続編があるみたいなので、そちらもこれこら読みます。 もっとみる▼

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ