漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
狂犬ドルチェ
この巻を買う/読む

狂犬ドルチェ

通常価格:
650pt/650円(税抜)
(4.7) 投稿数6件
狂犬ドルチェ(1巻完結)
作品内容

勤め先を辞め失意の中にいたパティシエの玲央は、突然訪ねてきたラウロに、ホテルのパティスリーへ招かれた。彼は支配人だという。豪華な社宅に案内され、ラウル自らが甲斐甲斐しく世話してくれる。不審者達に襲われた時も、駆けつけた彼に救われた。抱き締める腕に安堵しすがった玲央だったが、ラウルの青い瞳は獰猛な熱を孕んでいた。貴方を貪り尽くしたいと、求められ……。

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
狂犬ドルチェのレビュー

平均評価:4.7 6件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) やっぱり好き
    れーさん 投稿日:2019/3/15
    執着攻めが好きです。 この作家さんの作品は執着犬攻めが多くて大好きです。 今回も期待通り溺愛、執着、ワンコでした。大満足!
  • (5.0) 宮緒作品の中では話が割と通じる狂犬
    akiさん 投稿日:2019/3/13
    タイトルから期待大。幼い時の出会いで既にラウロを餌付け&犬化完了!このイタリア犬がきっとやってくれる。いきなり天使とか言ったり一晩中玲央のアパートで勝手に見回りとかヤバイ!そして「貴方だけの犬」とか言われるとミラージュの直●が頭をよぎり、つ い喜んでしまいます。 我慢して紳士を装っているラウロにニヤニヤ。本当は純粋さと狂気と腹黒さを併せ持つ狂犬なのに。玲央が作り出すもの全てを匂いで判別する犬なのに。 言葉は丁寧ながら、頭が沸騰していても腰が引けるようなことしか言わないラウロ。それにときめく玲央。凄すぎる。 寝る間も食事の間もして、四日間色々とどうしていたのか……。宮緒作品の受はいつでも最強の生物だと思います。全てを受け入れられる強靭なメンタルと同時に何といっても括約筋の強さ!凄すぎる。 話は後半父親関係の話が中心で、パティシエあんまり関係ない感じでしたね。玲央がお菓子を作って活躍する所が見たかったです。 村重さん……いい人なのに絶対苦労する人だ。かわいそうな程哀れな匂いが。 イラストがカラーより白黒のほうが濃い感じですが、ラウロの筋肉やスーツ姿が美しい。 あとがきの突っ込み所満載の攻もいつか見てみたいです。 もっとみる▼
  • (3.0) 宮緒先生お得意の犬攻め
    もつさん 投稿日:2019/3/13
    宮緒ファンなら買って後悔のない犬攻め作品です。 あいかわらず執着犬で安心して読めます
  • (5.0) …(〃´▽`)お約束
    じじさまさん 投稿日:2019/3/12
    普段は忠犬なんですがベッドでは猛獣((゚□゚;))もはや狂犬をはるかに超えてます(笑) もともと作者さんの作品の受けに一途すぎて行き過ぎてしまう攻めが大好きなので大満足(*´ェ`*) 彼らの魅力がもっとも輝くのは理性の枷が外れた時。甘い 甘い甘いの連打には笑ってしまったΣ(´□` ) もっとみる▼
  • (5.0) めっちゃワンコ
    haruhiさん 投稿日:2019/3/12
    めっちゃワンコ。しかも大型犬。主人には懐くも、他はどうでもいいという忠犬?な、ワイルドな攻め様。Hも半端ないです。今までにない描写かと。またドルチェも美味しそう。がっつり受け様も食べられてますね。
ライトノベルランキング
ご来店ポイント
▲ページTOPへ