漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
5巻 私たちと同じ人間だから
この巻を買う/読む

5巻 私たちと同じ人間だから

通常価格:
200pt/200円(税抜)
(3.0) 投稿数3件
黒い羊は嗤わない~悪意の欠片(5巻配信中)
作品内容

居場所なんてどこにもなかった…悪意が私を殺すから…。犬養美月は幼い頃、両親を惨殺された現場を目撃。しかもその容疑者は実兄である犬養竜一だった。そのため殺人鬼の妹として親戚の家をたらい回しにされ、周囲からも酷いイジメにあい、挙句の果てには性的虐待を受ける日々を過ごしていた。それから15年が経ち、兄・竜一の友達だった弁護士の辻や叔母の影山紗子に支えられ、ささやかな暮らしを手に入れた美月だったが、未だに過去の黒い記憶に苛まれていた…。そして、食堂で働く美月に一方的に思いを寄せる客の秋山によって、美月の黒い過去が公けにされる事件が起き…!?

作品ラインナップ  5巻まで配信中!
レビュー
黒い羊は嗤わない~悪意の欠片のレビュー

平均評価:3.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 3巻まで読みました。
    モリ子さん 投稿日:2018/1/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 3巻は美月の兄が容疑者になっている連続殺人の再捜査の担当刑事が登場、味方の叔母さんが緊急入院、過去に傷付けられた元担任と親戚の男が変死、という展開まで。両親を手にかけた実際の現場を目撃したわけじゃないし、“眼鏡の若い男”が犯人ならあの兄の友だちの弁護士も怪しい。美月にずっと保護者の顔して近くにいるのも友情じゃなくて美月を見張る為? それとも何も覚えてない美月が実は犯人? 色んな犯人説が想像できる。昔とは違い、現在はネット社会でいつまでも犯罪者の家族は晒されている。この作品のように容疑者が逃亡しているという設定なら尚更ネット住人の暇潰しになるだろう。何もしていないのに身内が好奇の目に晒される、これが理不尽な社会の現実。リアルでも映画でも散々見た。ただ、その苦悩を中心にしたこの作品におけるドラマ展開は3巻までで、ここからは刑事が登場ということでサスペンスとしての様相を大いに呈してくるだろうから、ポイントの余裕があるときに続きを読んでみたいと思うぐらいには楽しめました。 続きを読む▼
  • (4.0) 面白くなってきた
    くおりさん 投稿日:2018/1/4
    最初の方は、暗くて辛いけど、3巻あたりから サスペンスぽくなってきて面白いです。 内容的に暗くて当たり前だけど、 現実的にはどうなのか、、、
  • (1.0) 大袈裟
    りんさん 投稿日:2017/12/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 まず、15年経ってここまで世間は騒がない。加害者本人ならそういう扱いをうけるかもしれないけど、主人公は被害者兼加害者の妹だから、世間からここまで異常なバッシングをうけることはない。出てくる登場人物もあからさますぎて意外性もないし、読んでいてイライラしてくるだけでした。 続きを読む▼
青年マンガランキング
▲ページTOPへ