電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ

現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。
「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の
社会更正の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は
法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。
立場の弱い人間が抱える問題に、
主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは
何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を
掘り下げる本格ヒューマンドラマです。
是非ご一読ください。

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

  • 前科者 1

    630pt/693円(税込)

    現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ

    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。
    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の
    社会更正の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は
    法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。
    立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは
    何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を
    掘り下げる本格ヒューマンドラマです。
    是非ご一読ください。
  • 前科者 2

    630pt/693円(税込)

    現代日本の抱える問題点を抉る社会派ドラマ


    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは
    何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。サブキャラクターに前科者・斉藤みどりが登場し、物語は
    俄然興味深い流れになりました。
    是非ご一読ください。
  • 前科者 3

    630pt/693円(税込)

    現代日本の問題点を抉る社会派ドラマ。


    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは
    何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。今巻では、覚醒剤取締役法違反で逮捕後、佳代が担当になった
    田村多実子の苦悩。万引きを繰り返す児珠よしの閉ざされた心に
    佳代が丁寧に接していく。読み応えたっぷりの一冊です。
  • 前科者 4

    630pt/693円(税込)

    償う人に寄り添う女性保護司の物語。


    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティアである。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    今巻では、覚醒剤取締役法違反で逮捕後、佳代が担当になった
    ことで心に安寧を取り戻していた田村多実子がまたクスリに
    手を出しそうになる。その苦悩に佳代がまっこうから対峙する。
    読み応えたっぷりの一冊です。
  • 前科者 5

    630pt/693円(税込)

    犯罪者のその後と保護司を描くナマな物語。


    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    今巻では、自分への好意を思い切りぶつけてくる対象者・田口安吾に
    どう接していくか?佳代が悩みながら進んでいく姿を正面から描きます。
  • 前科者 6

    630pt/693円(税込)

    犯罪者のその後と保護司を描くナマな物語。

    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    今巻は被害者担当保護司を務める梶木の勧めで、強制わいせつ罪を裁く
    法廷を被害者の視点で傍聴。被害者の女子高生・玲子に会いに行った
    佳代が苦悩するく姿を正面から描きます。
  • 前科者 7

    630pt/693円(税込)

    前科者と保護司のナマな物語。

    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    この巻で佳代が担当するのは老人へのオレオレ詐欺の受け子をした男・岩本。
    二十歳なのに人生にすっかりさめている。
    一方、佳代への淡い気持ちに気づいたみどりは岩本と恋愛ごっこを始めるが
    …!?
  • 前科者 8

    630pt/693円(税込)

    前科者に寄り添う保護司物語。

    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    佳代が今回担当するのは、小松城倫子。自身が属する思想団体を
    咎められ、母親を金属で殴った。その団体を率いるA青坂はセックスを
    賛美。佳代は青坂にどう対峙するのか?
  • 前科者 9

    630pt/693円(税込)

    対象者と彼らに寄り添う保護司の人間物語。

    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    佳代が今回担当するのは、小松城倫子。自身が属する思想団体を
    咎められ、母親を金属で殴った。その団体を率いるA青坂はセックスを
    賛美。A青坂の説く『正しい悪』は不思議と説得力がある。佳代になついている
    高校生かすみも青坂に興味津々。小松城に呼び出され、青坂の部屋に
    乗り込んだ佳代を何が待つ…!?
  • 前科者 10

    630pt/693円(税込)

    罪を犯した者たちに寄り添う保護司の物語。

    「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。
    現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。
    保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。
    保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、
    ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、
    この漫画の主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
    最新巻では佳代の親友・みどりの知り合いであるりりが出所。
    彼女が空き巣を働こうとしのび込んだアパートで出逢った少女・鏡子。
    彼女が負った心の傷を知り、りりは一体どうするのか!?
    虐待にまつわる問題に真っ向から取り組んだ意欲作です。

レビュー

前科者のレビュー

平均評価:4.0 28件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 面白い
    aiさん 投稿日:2022/9/20
    面白かったです お金を稼ぐ仕事とは別に無報酬で綺麗な部分で接したいというところわかるような気がしました。

高評価レビュー

  • (5.0) 保護司と前科者達の人間模様
    名無しさん 投稿日:2022/5/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 11日まで3巻が無料で読めます。若くしてアルバイトをしながら保護司をやる佳代。担当する人には様々な背景があり、一筋縄では行かない。佳世自身も常に迷いながらもまっすぐに進もうとする。この迷いがいい。説教臭くなく、人間らしい。佳世は担当する人と初めて会うときは必ず手料理をふるまう。美味しいものを食べると幸せになるからと。出てくる人たちは、重い過去を背負っている人も多く、必ずしもハッピーエンドにはならないこともある。それがまたいい。 続きを読む▼
  • (5.0) 不思議な読後感の物語
    あああさん 投稿日:2021/6/21
    重すぎず、されどけして軽いわけでもなく、出所してきた人達との付き合いの中から人間の色々な側面が垣間見えて不思議な感じになるお話です。短編と言うより前後がオーバーラップする中編といった感じ。他にはない独創的な作品なので、一冊読んで合った人には とてもオススメ。 もっとみる▼
  • (5.0) 続きも買います
    ころころママさん 投稿日:2019/6/1
    主人公、保護観察対象者、その周囲の人、その人達の心の動きはどこか自分に重なる、そんな風に思える作品です。ベタベタした濃ゆい内容なのにさらっと心に浸透するのは、絵の質感のおかげなのかも。3巻全て購入しました。続きも購入するつもりです。
  • (5.0) タイトルとはギャップしていたのですが!
    debuchan54さん 投稿日:2022/2/16
    タイトルの前科者のネーミングからバイオレンス的 なのかなと思ったら、人間を中心としたヒューマンドラマのように、話しに引き込まれてしまいました。 1話読み終えた後に何となく心が暖かくなるのが不思議です。
  • (5.0) 独特の間合いの作品
    nekomuraさん 投稿日:2022/6/13
    この漫画は胸が痛くなります でもこういうことは実際あるんだろうな。 暗く深刻なテーマを扱う作品ですが みどりさんの明るいキャラクターが救いで緩和されるため なんとか読めます。

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

保護司の勇姿を描く
営業:ませびー (シーモアスタッフ)
罪を犯した者…前科者はどうやって社会復帰するのか。その手助けをするのが無報酬の国家公務員・保護司です。主人公で保護司の阿川佳代は自身も複数の仕事を掛け持ちする多忙の身なのですが、真面目で優しい彼女の姿には前科者を正しく社会へ導く力があります。月島冬二先生作画のヒューマンドラマです!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ