漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~ 1

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数8件
対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~(2巻配信中)

作品内容

お嬢さま学校に入学した綾は袋ラーメンを愛する庶民。
そんな彼女は校内一のお嬢さま「白百合さま」に憧れる。
ある日彼女は、「白百合さま」が対戦格闘ゲームに熱く興じているところを目撃する。
学内で格ゲーをしていることを口止めされた綾だったが、格ゲー特有のタコで経験者だとバレてしまう。
「白百合さま」は綾との対戦を望むのであった。
お嬢さまたちの熱き格ゲーの幕開け!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~  1
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    お嬢さま学校に入学した綾は袋ラーメンを愛する庶民。
    そんな彼女は校内一のお嬢さま「白百合さま」に憧れる。
    ある日彼女は、「白百合さま」が対戦格闘ゲームに熱く興じているところを目撃する。
    学内で格ゲーをしていることを口止めされた綾だったが、格ゲー特有のタコで経験者だとバレてしまう。
    「白百合さま」は綾との対戦を望むのであった。
    お嬢さまたちの熱き格ゲーの幕開け!
  • 対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~  2
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    格ゲーマーである秘密を共有し、ライバル、そして友になった綾と「白百合さま」。寮内でのゲーム場所を探すふたりだったが寮務委員の一ノ瀬と犬井が立ちはだかる! ふたりの負けたら退学の戦いがはじまる!!

レビュー

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~のレビュー

平均評価:4.5 8件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 全寮制お嬢様学園
    ピンクピン太郎さん 投稿日:2021/2/2
    でてくるお嬢様方がめちゃ可愛い ふわっ〜とした女の子の感じがめちゃくちゃ好みです!!とは対比のように対戦で激しい喜び方や雄叫びのあるギャップ。女の子学園の部分ははなとゆめっぽいのに格ゲー部分が少年漫画。クラスメイトになりたい。 アニメ化 楽しみ〜! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ギャップに悶えてしまう!
    takさん 投稿日:2020/8/31
    お嬢様学校の全生徒のあこがれの白百合様はばりばりの格闘ゲームマニア。しかも性格も変わってしまうんですね。そのギャップに悶えます。主人公の綾が超庶民で、周囲のお嬢様たちとのギャップに苦しむところは安心しつつも応援したくなってしまいます。彼女も 同じ趣味を持つ者として白百合様に試合を申し込まれていきます。可愛い絵は、激しく勢いのあるシーンもクオリティーはそのままに、お下品な雄たけびが響き渡って、こっちのギャップにも悶えます。 もっとみる▼
  • (5.0) 超面白い
    じぇにがたさん 投稿日:2020/7/8
    なんだこの漫画、無駄が一切無いぞ イラスト超絶上手いし、ちょいちょい笑い入るし、ためし読みでレビューを見ているなら即買った方がいい。見た上で百合百合が気になるなら柚子森さんもみた方がいい。とにかくレベルが高い作品
  • (5.0) ギャップ
    ゆりさん 投稿日:2020/8/29
    キラキラお嬢様学校で毛色の変わった女子二人。 実は秘密があって・・・。 絵が可愛いし、あのオラオラする姿にやられます。 ハンドル握ると別人なのね、みたいな。
  • (5.0) か、可愛いいいっ!
    わかまにさん 投稿日:2020/7/5
    絵の可愛さに思わず購入。格ゲー知らなくても面白いし何より美少女達のキャラが最高です。ちょっぴり百合要素?があるところも胸キュンでした。続きが楽しみです。
  • (4.0) キラッキラ
    にくみさん 投稿日:2020/8/25
    女の子が可愛くて作中の言葉のチョイスも面白く、格ゲーよくわからなくても説明もわかりやすく!兎に角熱量が凄いです。あっという間に一巻読み終わってしまったので続きが早く読みたいですね!
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 熱い!!
    綺麗な画風とかわいい女の子に騙されました。熱い格ゲーマンガだった!!白百合さまは口を開けばガチンコだし、それに対する綾も負けず嫌いだしで画風と熱さがミスマッチしているところが逆に引き込まれます。江島絵理先生の独特な雰囲気につかまされました。
    広報:熊五郎
▲ページTOPへ