漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

卒業生-冬- 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.7) 投稿数117件
卒業生-冬-(1巻完結)

作品内容

お気楽バンド男子・草壁光と、優等生メガネ男子・佐条利人は、まだキス以上(?)に進んでいない恋人同士。お互い好きという気持ちだけで付き合っていたが……。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

卒業生-冬-のレビュー

平均評価:4.7 117件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) シリーズ2作目
    やすこさん 投稿日:2019/10/29
    2人の関係がちょっと進展したりシリアス展開もあったりのシリーズ2作目。春を用意してから読むことをオススメします!

高評価レビュー

  • (5.0) 2人の関係が
    なすびさん 投稿日:2019/10/1
    縮まった感じが出ていてキュンキュンしちゃいました! 進路のことで悩んだり、お互いの関係のステップアップしたいというモダモダな所もとても面白いです。
  • (5.0) 絵が素敵で話も大好き!
    京都さん 投稿日:2019/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 話がちゃんと練りこまれてて、キャラ一人一人がちゃんと一個人として認識できる感じがすごく好きです! 恋人達がお互い大事にし合ってる感じも良い!胸がギュッとします! 続きを読む▼
  • (5.0) なるほど・・・
    ハサウェイさん 投稿日:2019/9/26
    2作目購入してわかりました。1作目が「夏」で恋愛が始まるイメージで今回が題名にあるように冬。じっくり2人気持ちをはぐくんでいく様子や困難がやってくるさまが冬のイメージで・・・じっくり読み進められる良きストーリーです。
  • (5.0) 2人とも可愛い
    ゆきだるまさん 投稿日:2019/8/9
    2人ともピュアで素直で可愛い。真っ直ぐな2人を見てると応援したくなります。だいすき。
  • (5.0) 大丈夫と聞かれると大丈夫という答えを返す
    romance2さん 投稿日:2019/8/6
    独自の線から目を離せない。 私好みの絵ではないのに引き付けるものがある。 ストーリーが淡々としているようで、内側に草壁と佐条の心のやり取りが滲む。目付きもきついように見えるし、肩の肉付きが絵のための形状に見えて、いびつな感じがするのに、 二人が居る場面は思春期の踏み込み過ぎない距離と、物分かり良すぎない正直さとが有って、他に類似の絵を思い出せないくらいユニークな流れと空間が静かに話を形成。学校での二人はものすごく自然体で付き合っていて、背徳感が無い。教師との三角関係もひとくせもふたくせもある。 だが、その独特な絵が、64頁など何を描こうとしたのか分からなかったという、残念な点にも繋がる。 少女漫画で時々横顔のパーツがアンバランスだったり、他で使用したコマの使い回しが仕上がりを汚したり、絵の表現に丁寧さが惜しいことがある。 しかし、このBL作家、中村先生は、そういう見にくさとは対照的で、味を出してる線が普遍性を落としている為に「難解」さを呼び込んでしまう。 独創性で読者を選んでいるかの作風なので、コマの中に判りやすさだけは配慮して欲しい。パッと見て何人中何人が判るか、という比率は、客観的目線の確保でお願いしたい。 性的描写で話の大半が占められているBLが結構あって、それはそれである種の目的を果たしているかもしれないが、そればかりだと確実にこのジャンルのクオリティは上げられない。 本作は、キスまでで二冊目も終わった。異性間ストーリーの少女漫画でいうところのレベルで、ちゃんと二人の、相手のことを好きだという感情表現を、絵とストーリーとで読ませている。 この辺りで実力をもっと数多くの作品に出せれば、先生の個性で、他のBLには行けない境地をたっぶり魅せてくれることと思う。 あと一冊、春編を読む予定だが、その他大勢のBLになってしまってないことを祈るのみ。 もっとみる▼

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ