漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
RAINBOW -二舎六房の七人- 1巻
この巻を買う/読む

RAINBOW -二舎六房の七人- 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(4.9) 投稿数83件
RAINBOW -二舎六房の七人-(22巻完結)
作品内容

俺たちは生き残る。いつか必ず外(シャバ)に出る!! 昭和30年、湘南特別少年院の二舎六房に入れられた七人の少年たちを描く、壮絶な時代の青春群像。
まだ敗戦の傷跡が残っていた昭和30年(1955年)の日本。湘南特別少年院の二舎六房に六人の少年が堕ちてきた。大人が起こした戦争のあおりを喰らって心に傷を負い、それぞれの理由で犯罪に手をそめて、社会のクズと蔑まれるようになってしまった少年たち。マリオをはじめとする六人と、そこで出会ったアンチャンこと六郎太との間には、いつしか友情と絆が芽生え、「再来年の夏、外

作品ラインナップ  全22巻完結
レビュー
RAINBOW -二舎六房の七人-のレビュー

平均評価:4.9 83件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 仲間
    えんさん 投稿日:2018/9/20
    かけがえのない仲間たち。 どんな状況でも仲間たちを優先する行動が感動します。
  • (5.0) あんちゃん
    まーさん 投稿日:2018/6/22
    あんちゃんが最高な奴で… 大人が糞なんだけど… あんちゃんのために2舎6房の仲間たちが生きてく姿に感動
  • (5.0) 感動
    AAさん 投稿日:2018/5/14
    泣けました。クズな大人達の非道な行為が読んでて悔しく、憎くかった!これが現実だろうと感じた。逆転し幸せになって欲しい。
  • (5.0) 読み応えあります。
    はっかさん 投稿日:2018/5/13
    初めて読んだのは今から十年以上前でまだ高校に上がるかどうかの頃でしたがその頃から変わらず好きなマンガは?と聞かれたらこの作品が出ます。泥臭くて人間くさくて辛くて痛くてでも人間の綺麗なところも強いところも沢山描かれてます。最高に素晴らしい作品 だと今も思えます。 もっとみる▼
  • (5.0) 迫力
    ドージマさん 投稿日:2018/5/11
    安部譲二氏原作の濃厚で骨太の作品。それに見合うような画力の絵柄のため、かなりエグくグロい描写もあるが全体的完成度が高く読み進むうちに引き込まれていきます。
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 地獄から這い出る!
    俺たちには人権なんてない…。昭和30年、レトロなバスに乗り込んでいるのは、仕事帰りや、学生そして、幸せそうな母子、その暖かな会話を遮る存在が乗り込んできます。覆面をかぶり、手には重い手錠、そして、手錠をつなぐ綱、凶悪犯達…覆面から除く瞳は何を語るのか?周りの人々は、軽蔑を隠そうともせず、子供が落とした人形を、凶悪犯が拾えば、受け取った子供は、けがらわしいと言わんばかりに地面に投げ捨てます。まだ若い少年受刑者たちが劣悪な環境で、友情をはぐくみ、過酷な牢獄生活を生き抜いていきます。アニメ化では、水上 真理雄に小栗旬さんが参加されております。
    制作担当:わさびからい
▲ページTOPへ