漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

花堕とし Vol.1

通常価格:
400pt/440円(税込)
(4.4) 投稿数23件
花堕とし(1巻完結)

作品内容

甲賀卍谷の柳楽に、風魔の毘沙呵から果たし状が届いた。闘いは性技で…。柳楽は甲賀流吸淫術で、相手の精汁を全て吐き出させて殺そうとし、毘沙呵も風魔の秘術で対抗した。延々と続いたSEXのあと、愛してくれと叫ぶ柳楽を残して、毘沙呵は去る。しかし柳楽の身体には、毒が仕込んであった。瀕死の毘沙呵を見つけた柳楽は、毒消しを塗った身体で抱かれて…。表題作「花堕とし」の他「園-KUSABIRA」「花はくれなゐ」「花や今宵の」「月に鴉の啼く夜は」を収録。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

花堕としのレビュー

平均評価:4.4 23件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 火車の話がよかった(・∀・)
    mskさん 投稿日:2019/1/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 好きな男といる時は人間でいたいからって食事もとらないとか、けなげ... お互い思いあってて感動しました 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 泣けるー
    妃鷹さん 投稿日:2017/1/6
    火車と鴉さんの話しが特に好きです。花くずしを先に読んでしまったのですが、前後しても大丈夫ではありました。
  • (5.0) 美しいBL
    セノンさん 投稿日:2013/8/14
    一言でBLと言ってしまえない位、愛有り切なさ有りのお話しです。 全編、時代物で忍者や異端の者が出て来ます。 蜻蛉の君、愛する人と決して結ばれる事のない我が身を呪い、それでもなお結ばれたいと願い自分には毒な茸を口にする。 火車、愛する人の前では『人として』ありたいと思い、決して自分の食事(吸血)をしない…異端の者同士、夢が同じであり、より強く惹かれあうこれはハピエンだよね♪ どのキャラクターも美しく魅力的で、絡みの無いのも気にならない位にハマってしまいました。 もっとみる▼
  • (5.0) 忍者もの
    甘栗坊やさん 投稿日:2009/12/13
    全てお話は何かしら繋がってます。このポイントでこの内容はとてもお安いかと思います時代劇もの好きなんで良かった 忍者の中でも下級と上級があり、下級は事を成すためのただの使い捨て道具として扱われますが、そんな中でももがいて愛する人を想う 気持ちがとても綺麗なお話でしたしかも美しいストーリーはとてもまとまっていると思います読み応え充分感じました。そして、みなみ先生の絵の雰囲気が妖しく美しい忍にピッタリです もっとみる▼
  • (5.0) 綺麗で切ない短編集
    サラミⅡ世さん 投稿日:2009/2/20
    どのお話も切なさでいっぱい 1・2話 対立する忍びである甲賀の柳楽に兄を殺された風魔の毘沙呵。 復讐の為に戦いを挑みますが、柳楽の術は己の身体を使い精を吸い取り殺すというもの… 3・4話 平安の世、類い稀なる美貌の持ち主なが らもその吐息から体液までもが毒に侵されている蜻蛉。 盗賊と出会い恋に堕ちた二人ですが、蜻蛉は全身が毒で出来ているが故、口づけさえ叶わない… 5・6話 気狂い女城主に仕える紫と、彼を探し続けた伊賀の忍び緑葉。 幼い緑葉に伊賀の里で忍術を教えたのは紫だったのに、なぜこんな城に? 7・8話 陰陽師阿部清明の血を引く透魔と、鬼族の生き残り火車。 異形というだけで、この世に生きる場所さえない二人。 生まれて初めて人を愛し、彼の前でだけでも人になりたいと願う火車が切ない。このお話が一番泣けました。 宇多田ヒカルの『PRISONER OF LOVE』がぴったり 9・10話 人斬り鴉と彼を追う隠密廻り月之丞。 鴉の心の傷を知り、彼を救いたい月之丞ですが、鴉を討たなくてはならない時が… 5・6・9・10話は『花くずし・改』に繋がります。 個人的に7〜10話が一押し!本当に泣きが入りました もっとみる▼
  • (5.0) 切なくてキュン
    SARANさん 投稿日:2009/1/25
    みなみ先生はもともと好きなのですが、この作品は特に大好きです。 どの話も一途な主人公にキュンとなってしまいました。 特に3〜4話7〜8話9〜10話は切なくてウルウルしちゃいました。 でも基本、全話ハッピーエンドになるのかなぁ…( 私はそう信じてます) 私個人では7〜8話が一番好きですがどの話もおもしろいので何回も読み返しています。 一途な恋愛や時代者が好きな方はパックでの購入がお勧めです ちなみにHシーンが少なく主人公たちの心情が上手く描かれているのでBL初心者にもお勧めです もっとみる▼

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ