漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

ハーレクイン 灼熱の週末 1巻

通常価格:
500pt/550円(税込)
(4.0) 投稿数4件
ハーレクイン 灼熱の週末(1巻完結)

作品内容

頼まれて断れず、アイリーンはしぶしぶリックの臨時秘書として働き始めた。彼のそばに居たくない理由は、少女時代彼に思いを寄せていたのに、ことあるごとにばかにされ、いじわるをされていたから。大きな目をからかって「目玉ちゃん」と呼んだりして…。もうあんな思いはしたくない。再会した彼は魅力的な男性に変身していたけれどだまされるものですか。そんななか突然、リックは週末の出張に同行するよう命じてきて…!?

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

ハーレクイン 灼熱の週末のレビュー

平均評価:4.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 愛の持続に臆病な彼に、変わらぬ愛を与える
    romance2さん 投稿日:2017/10/31
    今お姉さんはちゃんと幸せになっているところを描写しないと、それはなんかなぁ〜という読者へ、抜かりない目配りをしている、姉の元恋人とのロマンス。 ヒロインの愛で、彼に巣食う根深い、求めても返ってこない人間関係への虚無感が、解消される。 彼 に愛を気づかせようとするヒロインの使命感が、愛する者の強さというか、愛を知ったものの勇気というか。 上手く行かないのでは?、との先行きの破綻の恐れを二人のラブの最初から読者に抱えさせて、空回りの流れを鼻先にちらつかせながら進行する。ヒロインには諦めをけしかけるような試練のとき、読み手よりヒロインは前向き。 ヒロインがまたもう一度やってみようとするところが、意外に頑張るな、と、気骨を見せつけられるシーン。失うことを恐れて深入りを恐れ、でもいざ失いかけてみて知る彼のその痛みのシーン、姉では克服できなかったものを、ヒロインが乗り越えられた、との安心感となる。 絵はきれいで、二人の燃え上がっていくシーンは良いのだが、どことなくアッサリとした印象が拭えない。しかも、ストーリーの前半と後半が若干彼のキャラに不整合感を覚える。 すれ違い生活も、そこまで徹底的に避けられると逆に妙な気はする。ストーリー上致し方ない面もあるのだが、愛を失うことを恐れて、と、子どもを不幸にしないために、という二つが結び付き辛くなってしまう。 ヒロインは、反対に、前半の警戒感発信しまくりと後半の彼への愛情アピールが、恋人になるときの愛の自覚があっても彼の不安の高まりと対照的過ぎ。むしろ、あれほど避けておきながら、と。 なんだか、二人が恋愛関係に陥る前と後とで正反対のように捻れたのが、当然には感じ取れないため、もうちょっとその変化に対して理解できる、橋渡し的なところが有って欲しかったとは思う。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) まずまず
    にゃんこにこさん 投稿日:2015/9/1
    妊娠結婚のパターンからのーその後の展開があるけど、深くは無い。絵はきれいで読みやすいです。
  • (4.0) 不可はないが。
    ととりょんさん 投稿日:2013/11/10
    宗真先生大好きです! 物語ですが、ライバルはいないので山なし谷なし盛り上がりなしで進みます。 安定的?な感じですかね。 ヒロインが勢い余って一度離れるけど、そのおかげか本当の愛に気付いたヒーローを大きな愛で包み込むようなラストは良かっ たです。 ギスギスドロドロがなくて、ちょっとしたジョークのエッセンスが楽しい作品でした。 もっとみる▼
  • (4.0) 普通
    マサ8823さん 投稿日:2013/8/5
    普通に読める普通の良い作品でした。 劇的でもなければなし崩しでもないし構成もしっかりしてるし。 ただパンチと言うか、灰汁がない。あともう一歩、もうひとアクシデントがあったら濃度の高い良い作品になったかな。 普通に面白いです。

広告掲載中タイトル

ハーレクインコミックスランキング

▲ページTOPへ