漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

不安の種+(1)

通常価格:
400pt/440円(税込)
(3.0) 投稿数21件
不安の種+(4巻完結)

作品内容

階下の暗闇に気配を感じるような、ドアごしの殺した息づかいのような、視界の隅に映りこんだ視線のような、ざらりとした質感、気分、戦慄。

作品ラインナップ  全4巻完結

レビュー

不安の種+のレビュー

平均評価:3.0 21件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 前作、不安の種に続き…
    真依さん 投稿日:2014/5/19
    前作、不安の種に続き、ありそうでなさそうな感じがめっちゃこわい。 不安の種と+では、すこし趣が違うかも。
  • (5.0) いいなー
    たくやさん 投稿日:2013/8/12
    すごく、面白いです。最後までドキドキでついつい時間を忘れちゃいます
  • (5.0) リアルに怖い
    スロプロさん 投稿日:2013/7/23
    日頃感じる違和感に関する恐怖。 自分にも思い当たる所がある感じがして 読んでる最中ゾクッとします。 お話が短編なので読みやすいです。
  • (4.0) 夜に読んで失敗
    maruさん 投稿日:2018/12/25
    怖すぎて内容が入ってこなかった。笑 精神的にくるリアルな不気味さがありました。
  • (4.0) 個人的は好き
    ケチャうささん 投稿日:2018/5/8
    どの話も不思議というか不安な気持ちになります。 世にも奇妙な話とかが好きな人には特にオススメしたいです。 1話1話が短く、怖いと思いきれないこともあるかも…

広告掲載中タイトル

少年マンガランキング

スタッフオススメ!
  • 後引く不気味な面白さ
    ホラー漫画は結構見てきたはずなのに、こちらの作品を寝る前に読んだら眠れなくなってしまいました。ショートストーリーになっていて、1話は2、3ページ。血しぶきやグロさ等の直接的な怖さでは無く、雰囲気や作風で怖さを表現できるというのがこちらの作品の凄いところ。日常的なトイレや階段などのちょっとした不安を煽る、得体の知れない怖さ…。その怖さが本領発揮するのは読み終えた後!心に植え込まれた「不安の種」がジワジワと襲ってきて身震いします。この独特な雰囲気にハマり、もっと読みたくなってしまう!作家・中山昌亮さんが描く不気味さをもっと堪能したい方には、実写映画化もされた前作品の「不安の種」や「後遺症ラジオ」を激しくおすすめします!
    キャンペーン担当:ふにゃらん
▲ページTOPへ