漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

夕凪の街、桜の国 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.5) 投稿数46件
夕凪の街、桜の国(1巻完結)

作品内容

昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。第9回手塚治虫文化賞新生賞、第8回文化庁メディア芸術賞、ダブル受賞。映画化決定!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

夕凪の街、桜の国のレビュー

平均評価:4.5 46件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 言葉にならない悲しみ
    こばやまとさん 投稿日:2019/5/13
    ヒロシマと言えば、「はだしのゲン」シリーズが有名で、私も小学生の頃、読みました。この歳になって戦争体験の話や作品に触れて感じることは、子どもの時とはまた違いますね。子どもの頃に触れることも大切で、大人になってからも節目節目で触れることが大切 だなと思いました。私も自分より若い世代の人に、日本で戦争があって、戦争が起こるとどういう日常になるのか、伝えていけるようになりたいと思います。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 現実なんだなぁ…
    むむむさん 投稿日:2018/12/11
    本当にこういう時代はあったんだなぁと色々考えさせられる話です。ようやく幸せに…というところでのこの結末。たかだか数十年でこんなにも違うものかと改めて思いました、、
  • (5.0) 読むべし
    ちゅんさん 投稿日:2018/10/7
    ずっと気になっていて、やっと読みましたが、これはいろんな世代が読むべき漫画だと思いました。 そこに本当にあったリアルな世界観がまさに描かれていて、表現こそリアルでないものの妙に刺さるお話です。
  • (5.0) 切ない
    ミミさん 投稿日:2018/9/25
    「この世界の片隅に」を読んでとっても良かったので、こちらの作品も購入しました。原爆という重くて辛いテーマの話ですが、こうの史代さん特有のほのぼのとした可愛らしいイラストでとても読みやすく描かれています。
  • (5.0) もう本当に
    Kaさん 投稿日:2018/9/22
    読んでいて辛い…キツイ それでも読んで良かったと思う作品です
  • (5.0) 何となく借りたら、衝撃
    ぱんだちゃんさん 投稿日:2018/2/13
    「この世界の片隅に」の作者さんです。 無料分を読んで何となく借りたら、有料分に入ったところで、静かな、ものすごく衝撃を受けました。絵柄が淡々としている分だけ、理不尽さが心に刺さります。 「夕凪の街」だけだと、ものすごく救えない。 でも この地で、この時代にはたくさんの人がこのような思いだったのでしょう。 「桜の国」を読んで、なんとなく皆実さんの思いが救われたような、そんな気がします。 もっとみる▼

広告掲載中タイトル

青年マンガランキング

同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 今も続く戦後の広島
    「この世界の片隅に」の、こうの史代先生の描く戦後の物語です。主人公は原爆被害者の平野皆実。広島に原爆が落ちた日から10年後、40年後、60年後の3世代に渡る家族の暮らしを描いています。映画、舞台、ドラマにもなった話題作です。ほのぼのした絵柄ですが、涙が止まらなくなります。
    さくら
▲ページTOPへ