漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ハーレクインコミックス
ハーレクイン 最後の子爵(2) 1巻
この巻を買う/読む

ハーレクイン 最後の子爵(2) 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(4.5) 投稿数6件
ハーレクイン 最後の子爵(2)(1巻完結)
作品内容

世間体のために憧れのラリー子爵と結婚したジェーン。だが、自分の容姿に自信のもてない彼女は、いまだに名目上の妻のままだった。そんな時、ラリーは大叔父が遺したイングランド北部のクレイヴァン・ホールを相続するため、ジェーンを連れて屋敷に向かった。着いた屋敷は荒れ放題で、しかも怪奇な出来事が連続する。使用人たちも恐れるなか、ジェーンだけはこの屋敷が妙に気に入っていた。どんな困難にも立ち向かう彼女の姿に、ラリーの心も微妙に変化し始め…!?

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
ハーレクイン 最後の子爵(2)のレビュー

平均評価:4.5 6件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) さすがハーレクイン
    M.Iさん 投稿日:2019/5/18
    二人のお互いの気持ちが通じ合って良かったです。ただ彼女の良さを もっと周りに見せる場面があっても良かったかなと思います。
高評価レビュー
  • (5.0) 妻の良さをどんどん見出だす夫
    romance2さん 投稿日:2018/11/6
    いきさつはただの責任を取る体でも、その結婚は蓋を開けたら大正解だった、というお話。 セットで読んだが、単品レビューにも、楽しめたということを記したいと思う。 なにも起こってはいなかったが、紳士淑女の礼儀として、責任を取る形で、まだ結 婚する気の無かった、ファッションが大好きで、まだまだ遊びたい年の彼が、容姿に引け目を持つヒロインと、世間体の為だけで結婚した。ストーリーはロマンス王道で展開。 外見が整っている人が、冴えない(と、当人が思っている)ヒロインに、君はきれいなんだよ、と称賛してくれるこの類いのストーリーは、自分を肯定してくれる存在の出現した幸せを、ヒロインを通じて読み手の自分も分けてもらう気分。その素敵な彼が段々とヒロインに愛情を傾けてくるなかで見せる優しさや紳士ぶりが、碧先生の描かれる雰囲気にはまる。 綺麗で丁寧に描きこまれた絵柄で、そして、荒れた貴族の館の不気味な数々の事件が興味を繋ぐ。 どんなきっかけでも、出逢いがそこにあれば愛に発展する可能性があり、それが、信頼を蓄積し新たな発見をして、そして、互いに幸せを見いだす。この二人の新鮮な館生活、不気味だけれど刺激に満ち、相手の良さにどんどん気づかされる過程が楽しい。 ことごとく好みが二人は重ならないが、二人で過ごす時間が、二人にとってどんどん幸せの時間となっていったこと、そのために、数々の不可解な事件があることが二人の協力・結束に結び付いていく。 屋敷、宿屋、使用人雇入れ替え等々前向きに取り組むヒロインと、チャランポランに見えながら、そのチャランポランが、無駄にはなってない彼。結婚で身を固めるというのはまさしくこういうことだろう。 瓢箪から駒で始まった楽しい結婚生活。謎解きあり、事件ありで、その都度ちょっと妻に興味をそそられていっている彼の描写がかなり気に入った。 邦題、なんとかならないのだろうか。 もっとみる▼
  • (5.0) 良いわ〜
    ネロアロアさん 投稿日:2017/3/31
    サスペンス要素を含めつつも、素敵なハーレクインストーリーとなっている作品ですラリーの人を思う優しさや、コンプレックスを持つジェーンの変わりたいと思う恋する可愛さ… とても良いお話でした
  • (5.0) 冒険?(笑)から愛へ
    まるるさん 投稿日:2015/9/14
    よかった。元々二人とも人柄はよいから心が通じ合ってよかった。ラリーも誠実そうだから、幸せになれそうね。と思える作品でした。
  • (4.0) 今回は
    なたさん 投稿日:2014/4/9
    いつもは絵が綺麗だけどお人形さんみたいで、今回は絵に生気がありいいです。 仕方なしに夫婦になった二人が分かり合えていくのがいいですね。 ミステリーはいっている話です。
  • (4.0) 真っ直ぐ過ぎるヒロインが
    花恋さん 投稿日:2013/12/24
    憎らしいやら、可愛いやら…ヘタレかと思っていたヒーローも逞しくカッコイイ!一巻から続けて購入し読みましたが、話の長さもちょうどいいボリュームでした。いつものハーレクインに有りがちな「ここが気になるのに、早足で終わりまで突っ走り過ぎじゃない ?」というのもありませんでした。絵は相変わらず綺麗ですね もっとみる▼
ハーレクインコミックスランキング
▲ページTOPへ