漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して購入

蔵六の奇病 1巻

通常価格:
450pt/495円(税込)
(5.0) 投稿数2件
蔵六の奇病(2巻完結)

作品内容

体中が吹き出物だらけになる不思議な奇病にかかり、住んでいる村から追い出されてしまう主人公の蔵六。森の外れに隔離された蔵六は、自らの体から吹き出る7色の膿を使って絵を描き始めます。果たして蔵六の描く絵とは?そして読者を待ち受ける壮絶なストーリーとは?怪奇漫画の巨匠・日野日出志が手掛けた伝説の作品が今蘇る!

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

蔵六の奇病のレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 今昔 哀れ 絵物語
    才蔵さん 投稿日:2018/7/12
    とにかく … 薄気味悪い … 後味 悪い … 思い出したら 怖くて たまらない …… 。 ホラー好き なら 死ぬまでに読めッ 的な 漫画 。 それが 日野日出志 の 恐怖漫画 。 名作 “ 蔵六の奇病 ” は 最初の 数ペ ージ オリジナル カラー が 掲載 されている こちらの 本 が オススメ 。 簡単な パーツの 絵柄なのに 何故に こんなに 気味が悪く 肌に 粟粒が 立つのか 。 今を活躍 させている 画力有る 作家さん でも 日野日出志 の 描くと 陰惨とした 絵には 到底 敵うまい 。 血走った どデカイ 目ん玉が とにかく 怖い …… 。 蔵六は 人間の業を 独りで 引き受け 今までの 念願を、果たし 生を全う したかの ようだ 。 ただ ただ 哀れなり … 哀れなり … 。 この作品を 描くに あたり 作者は 何度も 描き直して 完成まで 1年を 要した と 言う … 。 もっとみる▼
▲ページTOPへ