漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

武士道 ─まんがで読破─

通常価格:
500pt/550円(税込)
(5.0) 投稿数2件
武士道 ─まんがで読破─(1巻配信中)

作品内容

世界が評価した日本人の魂!「太平洋の架け橋」として、その使命に殉じた国際人・新渡戸稲造が、日本の倫理観を英文で紹介した「武士道(Bushido:The Soul of Japan)」は、当時の米国大統領ルーズベルトなど世界の知識人から評価され、海外におけるサムライのイメージを決定づけた。「義・勇・仁・礼・誠・忠・名誉」……日本が世界に誇る精神を著した名著を漫画化!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

武士道 ─まんがで読破─のレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 武士道が滅びませんよう
    ぴよてん*さん 投稿日:2017/2/28
    日本人の宗教感について外国人が議論するとき bushido とよく言っていますが、これのことだったのですね。日本には宗教がないとか信仰心がないと言われますが、感覚としてはそれは違うんじゃないか、と思っていたので、この本は少し助けになったと思 います。ただ、古事記にしても武士道にしても、日本人の道徳心を知る決定打とはなりえないのが不思議です。道徳心が先に育った上で、古事記も武士道も書かれているように感じるからです。日本は本当に不思議な国です。 国際化に伴い英語を勉強するのも大事ですが、こういう日本的な強みを身に付けることも大事なのではないでしょうか。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 感動しました
    あい★りん★さん 投稿日:2009/8/16
    日本は唯一といっていい無宗教の国です。確かに、道徳観念はどこから持ってきたものなんだろうというのは疑問に思うところでした。古くから口伝えされてきた日本昔ばなしみたいなのがなんとなーく根付いていわゆる日本の道徳観を作っていったのだと思っていま したが、その根底にあったのは武士道だったわけですね。武士以下の階級の人たちも、『新撰組』や武士の仁義を題材にした観劇を好んでいたわけですし、ひとつの真理なんだろうと思いました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ