マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

闇と光の旋律 ~異端捜査官神学校~の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

ライトノベル
闇と光の旋律 ~異端捜査官神学校~
この巻を買う/読む

闇と光の旋律 ~異端捜査官神学校~

通常価格:
834pt/834円(税抜)
(4.5) 投稿数2件
闇と光の旋律(1巻配信中)
作品内容

世間を震撼させる新種のウィルスが蔓延し、人々は魔族化した。その魔王を討伐する異端捜査員たち。彼らは、己を選んでくれた剣とともに魔族討伐を行う――。高校生の五百野馨玉は、ある日、大槻虎山と名乗る孤高の青年に出会う。異端捜査官候補生として育成機関の神学校に通う虎山は、強靭な力ゆえ、いまだ「剣無し」の状態だという。馨玉はそんな虎山と共鳴できる剣を胎内に宿す特別な存在らしい。虎山に「おまえの力が必要だ」と告げられた馨玉は、彼の剣となるべくライゼル神学校に編入させられるが…? 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
闇と光の旋律のレビュー

平均評価:4.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) まだ序章??
    H.Sさん 投稿日:2017/3/7
    あらすじを読んで、もっと戦闘シーンやウィルスによって魔族化した世界での戦いみたいなものがあるのだと思っていたのですが、その世界を垣間見たあとは基本的に戦いを学ぶために学校に通う学園モノでした。実地訓練などはありますが、この世界の設定の説明を 主人公に学ばせながら読み手に教えていく形で、最後まで学生としてお話が進みます。こういう少年誌のような設定でありながらBLを混ぜるというのは私はとても新鮮で、面白いと思いました。ただ少年誌だったらもっと展開があって話が進んでるだろうなと思うぐらいにはゆっくりとしたペースで、でも少女漫画に照らし合わせると丁寧に主人公の気持ちを追っていく所はアリかなとも思いました。 個人の意見としましては、これはまだ序章でこれからお話が展開していくのかなと思いました。起承転結の起の部分の入り口っぽいです。 もっとみる▼
  • (4.0) 隔絶した世界観
    rikuさん 投稿日:2017/2/10
    現代ファンタジー物。キャラクターより設定の方が際立った感じがします。現代という感じがしません。キャラクターよりストーリー重視という方は好きだと思います。ただ、シリーズ化しそうな余地を残している感じがするので、シリーズ化した場合魅力が出そうな 作品だと思いました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ