漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

日本銀行論 金融政策の本質とは何か

通常価格:
762pt/838円(税込)
日本銀行論 金融政策の本質とは何か(1巻配信中)

作品内容

「大胆な金融緩和」は何をもたらすのか?
中央銀行の意義を明快に説く!
中央銀行の本来の使命とは何か。1929年恐慌から平成のバブル崩壊、リーマンショックまでの流れをたどり、金融政策の本質がインフレやバブルを未然に防ぐこと、つまりは物価の安定であることを説く。政府の主張への迎合は本来の使命からの逸脱であることを明らかにし、インフレ目標政策の是非を論じる。安倍内閣と日銀が進める経済政策の本質を、歴史をふまえ明確かつ緻密に提示する力作。

[目次]
第1章 デフレは日銀の責任なのか
第2章 現在にいたる日本経済と日銀の歩み
第3章 なぜ中央銀行の独立性が重要か
第4章 表舞台に登場した欧米の中央銀行
第5章 これからの経済と金融政策のあり方

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

日本銀行論 金融政策の本質とは何かのレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ