漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

通常価格:
1,280pt/1,408円(税込)
(5.0) 投稿数1件
ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか(1巻配信中)

作品内容

空飛ぶ車が欲しかったのに、
手にしたのは140文字だ
「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、
ただの140文字や“永遠の15分”を超えた未来について考えなければならない。
ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、
難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」 by Peter Thiel

たとえば、日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。
そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。
オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。
本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。

■日米同時発売■
ピーター・ティール with ブレイク・マスターズ=著
関 美和=訳
日本語訳序文=瀧本哲史 推薦!(ビジネス書大賞『僕は君たちに武器を配りたい』)


[目 次]
日本語版序文 瀧本哲史
はじめに
1.僕たちは未来を創ることができるか
2.一九九九年のお祭り騒ぎ
3.幸福な企業はみなそれぞれに違う
4.イデオロギーとしての競争
5.終盤を制する―ラストムーバー・アドバンテージ
6.人生は宝クジじゃない
7.カネの流れを追え
8.隠れた真実
9.ティールの法則
10.マフィアの力学
11.それを作れば、みんなやってくる?
12.人間と機械
13.エネルギー2.0
14.創業者のパラドックス
終わりに―停滞かシンギュラリティか

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかのレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 起業家を目指す人は必ず読むべし!
    KAZUさん 投稿日:2020/4/12
    ピーター・ティールは、日本ではあまり知られていないが、全世界的に有名な起業家の1人である。ペイパルの共同創業でありペイパル・マフィアのドンでもある。この本は、起業を考えるいる方は必ず読むべき本である。この本の中にいくつかピーター・ティールが 起業を目指す人に質問を投げかけている。その問い答えることのできない方は、答えが見出されるまで起業すべきでない。そして、現在の大半の企業が如何に無謀な競争をしているのか気づかせてくれます。 もっとみる▼
▲ページTOPへ