漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

通常価格:
320pt/352円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数1件
門(1巻配信中)

作品内容

ひとりの人間の犠牲において成立した宗助とお米の愛の勝利は、やがて罪の苦しみにおそわれる。「人間の心の奥底には結核性の恐ろしいものがひそんでいる」という。ついに宗助は禅寺の山門をたたくが、安心と悟りは容易に得られない。そこに真の意味の求道者としての人間漱石の面目があった。明治43年の作品。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 門
    登録して購入
    通常価格:
    320pt/352円(税込)
    ひとりの人間の犠牲において成立した宗助とお米の愛の勝利は、やがて罪の苦しみにおそわれる。「人間の心の奥底には結核性の恐ろしいものがひそんでいる」という。ついに宗助は禅寺の山門をたたくが、安心と悟りは容易に得られない。そこに真の意味の求道者としての人間漱石の面目があった。明治43年の作品。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

レビュー

門のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 「それから」のその後
    ふくさん 投稿日:2018/11/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 物語の中ではこれという事件は起きず何気ない日常が描かれているのですが、最後まで読ませる力を持った作品。 主人公宗助が体の弱い御米に寄せる静かな慈しむような愛に心惹かれます。 宗助は悟りを求めて鎌倉の寺の門をたたくが結局かなわず家に戻ることになります。 終盤の「もうすぐ春が来る。・・・だけどそのあとまた冬が来る。」というような言葉が印象に残っています。 続きを読む▼
▲ページTOPへ