漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
【電子オリジナル】王立探偵シオンの過ち2
この巻を買う/読む

【電子オリジナル】王立探偵シオンの過ち2

【期間限定】2018/11/27 0:00まで
通常価格:
650pt/650円(税抜)
価格:
520pt/520円(税抜)
(3.0) 投稿数1件
王立探偵シオンの過ち(2巻配信中)
作品内容

王立探偵は、王家の利益を図り不始末を揉み消す、王家お抱えの探偵。その仕事のひとつに、呪いとも言える不思議な力を持ち《過ちの魔物》と呼ばれる物具を調査することがある。紫ずくめの珍妙な恰好をした王立探偵シオンが、助手の少女ラナと共に調査に向かう。新進気鋭の青年実業家カルディ・ルヴォーの妻が行方をくらませた。「金で妻を買った」と評判で不仲な夫婦だったが……(「薔薇翡翠の花嫁」より)/王都の通りでひとりの少女が馬車に轢かれて命を落とした。旅芸人一座だったその少女の遺体から、石で作られた小さな靴が飛び出して、ステップを踏みながらどこかへ去って行ったという。謎に満ちた少女の死を王立探偵シオンが解き明かす!(「蜜蜂座の女王」より)/十六年前に誘拐された、ドルーシュ公爵家の娘シャルロットが見つかったという。孤児院で育ったというその少女は、果たして本物なのか、偽物なのか? シオンとラナの出逢いが明かされる物語(「無慈悲な捧げもの」より)【目次】薔薇翡翠の花嫁/~幕間~ 王立探偵シオンのデート/蜜蜂座の女王/~幕間~ 王立探偵シオンの天敵2/無慈悲な捧げもの(前編)/~幕間~ 探偵助手ラナの寄り道/無慈悲な捧げもの(後編)/あとがき

作品ラインナップ  2巻まで配信中!
レビュー
王立探偵シオンの過ちのレビュー

平均評価:3.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 可もなく不可もなく
    マロさん 投稿日:2017/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻読了。可もなく不可もなくといった印象でした。普通に面白いと思いましたし、主人公その他の過去も気になるので続きを購入しようとも思います。でもこれといったパンチがある作品ではないかなぁ、と。自分を囮にして、人の過去の過ちを餌にする魔物を捕らえる青年の物語(王太子の命令による)。題材的にすっきりハッピーエンドとはいかないので、「色々あっても最終的にはハッピーエンド!」が好きな方は要注意。ヒロインが主人公を一途に想うのにとても萌えますが、元気なお転婆というところがちょっと好みから外れる……。いえ、ラナそのものは好きですが、単に好みの問題です。あ、因みに1巻ではシオンの過ちを仄めかす程度でそれが何かは不明です。 続きを読む▼
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ