漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
【販売終了】

聖十字架の守り人 上

通常価格:
741pt/815円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

聖十字架の守り人

作品内容

修道女でバチカンの秘密文書館の研究者であるオッターヴィアは、女性の立場が弱いバチカンにおいて、数人の高位聖職者から直々に任務を命ぜられる。その内容は、死んだエチオピア人の全身に散らばる奇妙な傷について調べることだ。ある種のシンボルのようなそれはスカリフィケーションと呼ばれ、特定の古代文化では儀式の一種として意図的に身体を傷つけたものらしい。スイス衛兵のグラウザー=ロイスト大尉や考古学者のファラグとともに調査を進めていくにつれ、神秘と危険に満ちた旅にオッターヴィアは引き寄せられていき──。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ 

  • 聖十字架の守り人 上

    聖十字架の守り人 上

    【販売終了】
    修道女でバチカンの秘密文書館の研究者であるオッターヴィアは、女性の立場が弱いバチカンにおいて、数人の高位聖職者から直々に任務を命ぜられる。その内容は、死んだエチオピア人の全身に散らばる奇妙な傷について調べることだ。ある種のシンボルのようなそれはスカリフィケーションと呼ばれ、特定の古代文化では儀式の一種として意図的に身体を傷つけたものらしい。スイス衛兵のグラウザー=ロイスト大尉や考古学者のファラグとともに調査を進めていくにつれ、神秘と危険に満ちた旅にオッターヴィアは引き寄せられていき──。
  • 聖十字架の守り人 下

    聖十字架の守り人 下

    【販売終了】
    バチカンに命じられて死んだエチオピア人の全身に散らばる奇妙な傷を調べていくうちに、聖十字架の木片──リグナム・クルチス盗難事件へとつながったが、謎は深まるばかりで一向に明らかにはできない。いったい誰が、なんの目的で聖異物を奪っているのか。難解な謎に次々に直面するオッターヴィアたち三人は、ダンテの『神曲』が暗号文だと気がついた。煉獄篇に書かれる七つの大罪の贖罪が謎を解く鍵だと解釈し、忌まわしき罪で知られた七つの都市で、七つの試練に直面することになった。しかし、過酷すぎる試練の連続は、三人をさらなる謎へと導いて……。
  • 失われた遺骨 上
    登録して購入
    通常価格:
    864pt/950円(税込)
    古文書学者のオッターヴィアと考古学者である夫のファラグのもとを、著名な億万長者のサイモンソン夫妻が訪れた。彼らはオッターヴィアたちの前に聖遺物を差し出し、それと引き換えにあるものを捜してほしいと頼む。彼らが捜しているのは、九個の骨壺だ。それには、オッターヴィアの信仰を揺るがしかねない存在の遺骨がおさめられいているという。その調査に、オッターヴィアたちの友人、ロックの協力もほしいと夫妻は言うが、表向き死んだことになっているロックの生存をなぜ彼らは知っているのだろう。夫妻たちの真の目的は!?
  • 失われた遺骨 下
    登録して購入
    通常価格:
    819pt/900円(税込)
    サイモンソン夫妻の依頼で調査を開始したものの、骨壺を捜しているのはオッターヴィアたちだけではなかった。バチカン国務省外務局次官のトゥルニエも、調査に乗り出していたのだ。大司教でもあるトゥルニエは、かつて修道女だったオッターヴィアが何度か深刻な衝突をした相手であり、ロックの上司だった男だ。サイモンソン夫妻とは異なる理由で骨壺を捜すトゥルニエから数々の妨害に遭いながらも、オッターヴィアたちはついに骨壺の位置の手がかりをつかむ。しかしそれは、大いなる試練への入り口を知っただけにすぎず──。

レビュー

聖十字架の守り人のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ