漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・実用書
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
この巻を買う/読む

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

通常価格:
1,000pt/1,000円(税抜)
(5.0) 投稿数2件
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(1巻配信中)
作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「あんたもワテが産んだ傑作やでねぇ、なんも心配しとらんよ」。かつて僕が白血病になった時、母はこう笑い飛ばした。今度は僕が母を救う、そう決めたはずだったのに。死が近づく闘病の日々と、母を失った日常で僕が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味。死後1年、母から届いたスペシャルな贈り物とは。特別編も収録!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。のレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) お母さんを思い出す。
    さやあさん 投稿日:2019/4/16
    たわいもない会話も表現されていてこんなことお母さんて言うな笑ってシーンに和んだりお母さんがいなくなった喪失感や環境の変化を繊細に表現していると思う。お母さんを亡くしたお父さん、うちもあんな感じだったな。
高評価レビュー
小説・実用書ランキング
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ