漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP

絶望少女漫画家~右腕アシスタントの黒い洗脳~ 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)
(3.7) 投稿数15件
絶望少女漫画家~右腕アシスタントの黒い洗脳~(2巻完結)

作品内容

連載が決まった、若手少女漫画家・園堂マリエ。原稿締め切りの前のピンチヒッターのアシスタントとして現れた冴島あいら。太っていて毒舌で、何か企みを感じさせる不気味な彼女が、マリエの漫画家人生を大きく狂わせていく――。なかなか知りえない、少女漫画家たちの実態、仕事のトラブル、創作の喜怒哀楽を女の友情を絡めてお届けします。

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

絶望少女漫画家~右腕アシスタントの黒い洗脳~のレビュー

平均評価:3.7 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ラストは感動…!
    Luna_pさん 投稿日:2020/7/1
    「ゴミ屋敷とトイプードルと私」で有名な池田ユキオ先生の作品。 今回もドロドロとした闇や 人々が堕ちていく姿を見られるかなと思いきや、ラストは爽やか感動もので、内容も面白かったです! だらだら続いているゴミ屋敷シリーズはもういいから(引き 延ばし??)、こんな感じでもっと先生の新作を読みたいなと思いました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最後まで読んで欲しい!
    ゆかりさん 投稿日:2020/5/12
    他の漫画サイトの無料分の続きが気になって購入。 途中まではドロドロしてギャグなんだからホラーなんだかなジェットコースター展開でしたが、最後はまさかの爽やかで美しい終わり方! 無理矢理といえば無理矢理だけれど、とても気持ちの良いラストでし た。 途中で読むのを終えるのはもったいないので、ぜひ最後まで読むことをお勧めします。 しかしまさかこの漫画で感動して泣くとは…笑 もっとみる▼
  • (5.0) 面白かった……!
    たんたんさん 投稿日:2019/3/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 ドロドロしてるだけかなぁと思ってスルーしていましたが、レビューの「ハッピーエンド」「泣いた」を信じて1巻購入、そのまま2巻購入! すっごく良かった……!! このタイトル、表紙からは想像できない友情モノでした。 この作者様の女の友情ものホントにいいんですよ……!! キャバものも女同士の戦いに見せかけた熱い友情ものでしたが、こちらも全力のぶつかりあいからの女の友情。途中「洗脳」を思わせる陰険な場面もあるのですが、ヤンキーもので血まみれで殴りあった子たちが最後相互理解するように、こちらもやりあいながらもしっかり相互理解します。 ラストは泣きました。ヒロインがムカつくという意見も多かったですが、彼女もしっかりひとりで立つようになります。最後の「取り上げられるまで〜」の台詞は忘れられそうにありません。 まだ未読の本もありますが、この方の根底にあるのは「女の友情」なんじゃないかなって思います。(だいたい最後、ヒロインは誇りを持って仕事に生き、傍らには戦友たる親友、男は……クズか、善人ならFO……) その中で「あるある」を埋め込むのが非常にうまいから、ゲスなドロドロものもうまく見せられるのではないでしょうか。やばい、本当に嵌ってる(笑) 続きを読む▼
  • (5.0) 最後の最後で泣いてしまいました
    奈足さん 投稿日:2018/12/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 ドロドロしたものかと思ってたら、ジェットコースター青春モノでした。サンプルだけでは想像できなかった展開でした。ハッピーエンドと書かれたレビューを信じて最後のまで一気読み!面白かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 思いがけず号泣
    nicoさん 投稿日:2017/12/31
    評価低いの不思議なくらい、めちゃくちゃ良い話でした!!なんども泣きました。個人的に予想していたラストとは違ったけど、それもまた良し。この方もっと年齢層上目の作品のイメージ強かったけど、器用なだけなのでは?少女漫画も読みたいと思います
  • (4.0) 良かった
    さくらさん 投稿日:2020/5/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 2巻前半まで某アプリで無料で読んで、続きを読むために「感動した」というレビューを信じて購入。 結果、とても読後感の良いラストでした!覚醒した後のマリエ先生が、あのおどおど泣いてた人とは別人のように魅力的になり、カッコよくてスッキリします。 最後にアシスタントに訪れたのは痩せたあいらさん?別人?敢えてどうとでも読み取れるようにしたのかもだけど、そこがわかれば良かったかなというのと、新連載が大好評になるエピローグがあればもっとカタルシスがあったように思いました。 続きを読む▼
▲ページTOPへ