マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPTL(ティーンズラブ)・レディコミマンガTL(ティーンズラブ)コミックぶんか社禁断Lovers官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版)官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第20話】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第20話】

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

※この作品は「禁断Lovers Vol.150」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  21巻まで配信中!

  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第11話】

    150pt/165円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.130」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第12話】

    150pt/165円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.132」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第13話】

    150pt/165円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.136」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第14話】

    150pt/165円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.138」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第15話】

    150pt/165円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.140」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第16話】

    200pt/220円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.142」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第17話】

    200pt/220円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.144」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第18話】

    200pt/220円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.146」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第19話】

    200pt/220円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.148」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第20話】

    200pt/220円(税込)

    「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」
    秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!

    実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。
    しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。
    そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。
    彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。
    動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?

    色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。

    ※この作品は「禁断Lovers Vol.150」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

レビュー

官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版)のレビュー

平均評価:4.1 74件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 光源氏…。相当な策士だしヤンデレ
    心桜乃さん 投稿日:2024/2/13
    年末くらいに5冊目くらいまで読んでいます。 相当な策士だしヤンデレですね…このヒーロー。愛も重いし濡れ場もかなりのものだし…。ただ、官能小説家という設定なだけあってややセリフがクサイ箇所があります…。

高評価レビュー

  • (5.0) 皇一郎すごっ
    執着愛さん 投稿日:2022/11/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 初っ端からエロいです。真白は出会いから美人の皇一郎に気持ちがふわっとしてますよね。皇一郎はまさかの真白が記憶にない頃からですもんね。とにかく重いし何か切ないけど自分が救われるってそりゃ手に入れたいでしょ。旅館の離れで畳の上ってー口説き方のまたまたエロさったらないでしょ。真白はロックオンされてるし最中にめちゃくちゃ囁いてきて気持ちいいしかないじゃん。自分に本気な人の事わかるはずだし離れる事って出来なくなるよね。ただ編集者とかマンションに来てた女とか皇一郎は今までけっこう過去にはやらかししていた感じが嫌だったな合鍵まで作られてるし。何それって思ってしまった。過去には催○薬まで使って人に言えないような遊びをしてたのかって。鍵を回収したのかな?それに幼馴染の元カレ出て来て女将は一緒にさせたいんじゃないですか?でも皇一郎は真白と一緒にいるためならなんでもしちゃうから大丈夫かな。 続きを読む▼
  • (5.0) エログロなのに官能的
    Shuiさん 投稿日:2023/10/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 まだあどけない少女だった真白ちゃんの事をずっと思い続けてきた官能小説家の皇一郎さん。真白ちゃんは大人になり親の旅館の若女将になる。そこの離れに住んでいる皇一郎さん…大人になった真白ちゃんを見て燃えに燃えて濃厚チューからのやたら濃い大人な展開にw 官能小説家だからなのか、百年の恋が実ったみたいな瞬間なのか、皇一郎さんの欲求は止まることを知らず、二人はドロドロにグチャグチャになっていく。 長年、しかも幼少期からヒロインの真白ちゃんに目をつけていたのが怖い。 なんと言うか粘着力がハンパないのに、『この男を泣かせたら可哀想だ』と言うイミフな展開になっていく。内容的には一歩間違えたらホラー。でもどんどん読めてしまう面白さと怖さがたまらなく良い。 続きを読む▼
  • (5.0) こ、これは…続きが気になるーー!!!
    Chisakokoさん 投稿日:2021/5/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 6話まで読みました。 読み進める毎に皇一郎さんの不穏な闇の気配が濃くなってゆきます…が、それが癖になってくる。なんだろこれ。病み気味の表情とか堪りません。怖いもの見たさで、もっと見たい。気が付けば皇一郎さん中毒になってました(笑) 話も良く、絵も綺麗。えちもなかなか濃厚で表情も良き。今の時点で悪い点が見当たらない感じ。唯一、皇一郎さんとあれだけ触れ合って、真白ちゃん若女将業出来てるのか…?って謎。仕事があまり描かれてないからそう思うだけだと思いますが(笑) 真白ちゃん、まだ頑張って気持ちに抵抗してますが時間の問題かと…皇一郎さんからは逃げられないよ、うん。あれは無理だ。諦めなさい(笑) 次回の展開も楽しみです! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ドロドロに甘い究極の執着愛!!!
出版社:担当編集者(シーモアスタッフ)
ヒロインへの愛し方が深すぎるあまり、時どき常識外の行動をしてしまう官 能小説家のヒーローですが、逆に一つの愛の形として物語の魅力が増す部分でも あります。狂気をはらんだ彼の世界にはまってしまう無垢なヒロインの感情の移 り変わりも見どころです! さらに旅館の中で繰り広げられる色気のある和服ヒー ローとのラブシーンは、TLトップの淫靡さです! ヤンデレヒーロー好きな方に ぜひおすすめです!
小説家×旅館
広報:熊五郎(シーモアスタッフ)
御井ミチル先生よる作品です。若女将・真白ちゃん。とっても可愛らしいです。皇一郎さんとかいう小説家がマジイケメン。というか旅館に小説家。お約束といってもいいほどの組み合わせだけれど、だがそれがいい。終始ドキドキしちゃいました。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ