電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
東京喰種トーキョーグール リマスター版 1
この巻を買う/読む

東京喰種トーキョーグール リマスター版 1

通常価格:
513pt/564円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数334件
東京喰種トーキョーグール リマスター版(14巻完結)

作品内容

【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全14巻完結

  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 1
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 2
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】「喰種」の内臓を移植され、徐々に怪人へと近づいてゆくカネキ。葛藤の中、「あんていく」で働くことを決意したカネキの前に、“白鳩(ハト)”と呼ばれる「喰種捜査官」が現れる。天敵は貪欲に、狡猾に、「喰種」を追っていた──!
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 3
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】天敵“白鳩”に両親を殺害された少女・ヒナミ。悲劇の少女の為に、“白鳩”の本拠地〔CCG〕へカネキとトーカは足を踏み入れる。そこには、受け入れざるを得ない悲しみの螺旋階段が待ち受けていた──!
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 4
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】「喰種捜査官」との一戦を終え、世界の闇を垣間見たカネキ。人間と喰種。それぞれの声でざわめく「あんていく」に、“美食家”喰種・月山が現れる。未知なる味を追求する月山の目に、カネキが怪しく映る時、晩餐の幕が上がる――!
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 5
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】「未知なる味」を探求する“美食家”喰種・月山の執念。「晩餐」は終わっていなかった。迫り来る月山と対峙するカネキ、ニシキ、そしてトーカ。自らの欲を最優先し、牙を剥く怪人に大苦戦する中、カネキに舞い降りた“閃き”とは…? そして、〔CCG〕(喰種対策局)にも新たなる動きが…!?
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 6
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“組織化された喰種たちが、〔CCG〕(喰種対策局)を潰そうとしている──!” 不穏な動きを見せる「11区」。そこは、リゼが元いた場所だった。 おぞましい計画を万丈から告げられたカネキの下に、リゼを追ってきた「11区」の刺客が現れる。 「アオギリの樹」を名乗る喰種集団の真の目的とは──!?
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 7
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“カネキくんには もう会えないと思ったほうがいい” 芳村から衝撃の発言を受けてカネキ救出のために“11区”へ向かうことを決意した「あんていく」の面々。 一方、激化する「アオギリの樹」と〔CCG〕の抗争を余所に、ヤモリに拘束されたカネキ。そこに、この世のものとは思えない残酷な仕打ちが待ち構えていた──!
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 8
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“やり残したことが出来ました” “喰種”に目覚めたカネキの先に、トーカとアヤト。瓦解する霧嶋家のシルエット。そして、突然姿を現した“梟”と臨戦態勢に入る〔CCG〕。おぞましい「武器」と、尽きない「謎」が複雑に絡み合う三つ巴の戦いの先に待つものとは…!?
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 9
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】11区での抗争から半年──。「アオギリの樹」討伐の功績が認められ、続々と昇任する捜査官たち。上等捜査官となった亜門鋼太朗は、長らく不在だった相方として、かつての上司・真戸呉緒の娘・暁を迎える。 一方、「あんていく」を離れたカネキは、リゼの足跡を辿り、過去を紐解いてゆくために、月山、万丈らと共に、新天地「6区」へ。交わらない2つの線が導く“ある焦点”とは──!?
  • 東京喰種トーキョーグール リマスター版 10
    登録して購入
    通常価格:
    513pt/564円(税込)
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】「嘉納先生… いるんですね、そこに──」 カネキの前に現れた、人造の“隻眼の喰種”の存在。明らかになった、衝撃の前職。…囚われていた、リゼ。与り知れぬ執刀医・嘉納の“奸計”が、次第に輪郭を現してゆく。医師の足跡を辿るカネキ達だが、突如、「喰種収容所」から脱走した“見知らぬ存在”に行く手を阻まれ──!?

レビュー

東京喰種トーキョーグール リマスター版のレビュー

平均評価:4.5 334件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) グサグサ刺してくるやん
    サイさん 投稿日:2021/6/8
    なかなかに鬱で残酷で変態な世界。人間だとか喰種だとか、生態は違っていても根本は同じなんですよね。痛くて、好きな世界です

高評価レビュー

  • (5.0) 運命は残酷…
    らきおさん 投稿日:2015/9/11
    簡単にあらすじを書きますと、この漫画は人間と喰種という2種類の種族が生きる世界。喰種は人間の肉を食べちゃうので、人間にとってはもちろん敵。ざっくり言えば喰種を捕まえるCCGという人間達の機関VS喰種の攻防戦の話です。主人公のカネキ君はどっち か?というと、最初は人間だったけど、ある事故がきっかけで人工的に喰種にされる、いわゆる半喰種半人間みたいな感じです。 心は人間的でも体は着々と喰種に近づいていってる、抗えない運命に翻弄されながらも悩んで戦って、でも報われるとこは少ない…ハッキリ言うと主人公かなり可哀想です。なりたくもない喰種になっちゃって、普通の食事も食べれない、CCGから追われるわ仲間のはずの喰種からも襲われるわ…読む人を選ぶ漫画ですね。 こういうストーリーは人間側からの視点が多く、異種族は敵として見るものが一般的ですが、この漫画は喰種側からの視点なので、それも特徴的なのかなと思います。 グロさや残酷なシーンは多いですが、次々と明かされる事実や、カネキ君の成長と変貌は読み応えあるかと思います! もっとみる▼
  • (5.0) 映像化不可能ではと本気で思った作品
    Kanaria13さん 投稿日:2017/9/30
    面白い。基本的にこの一言に尽きます。 読んでいる間、実写化されるというのは知っていましたが、最後まで読み終えて、映像化なんてできるのだろうか?と本気で思いました。(断じて映画やアニメを否定する気はありません。むしろどう映像化されたか興味あ ります) ストーリーもいい、キャラもいいしバトルシーンもいい。ただこの物語の骨格とも言えるのは、主人公の揺れ動く心情とその推移、そして描写にあると思います。その部分がとても映像で表せるとは思えず、むしろそれが抜け落ちて形骸化してしまいそうな不安を感じたのが理由です。 繰り返しますが、断じて映画・アニメを否定したい訳ではないです(気を悪くした方、ごめんなさい)。言いたいのは、それほどこの作品のその部分に惚れ込んでしまった、ということです。 映像化不可能なんて思った作品、マンガでは始めてで、小説でも1つしかありません(あくまで自分の中でですが) まとめれば、やはり面白い、の一言です。多くの人におすすめしたい作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 人外漫画の傑作
    秋日子さん 投稿日:2017/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 とにかく秀逸なのが主人公の心理描写や、グールの立ち位置を模索するグールたち。登場人物もかなり多いのですが、人間にもグールにもそれぞれ大切な人や思い出があって、だからこそお互いがお互いを憎む構図が出来上がってしまっていて、そんな各々のエピソードがしっかりと練り込まれています。伏線も多くて、展開も早いから引き込まれる。物語が大きく動きだすのが7巻あたり。あの拷問の描写はいるのかと思っていたら、まさかそれが主人公の覚醒につながるなんて。ずっと人間かグールかの葛藤の中で、自分はグールだと受け入れたのに、それも間違っていて。ラストは格闘漫画になっちゃってたけどね。「魔猿」さんが本当に魔猿だったことに泣けた。運命に翻弄された主人公の答えは出るのかな?傑作のくせに、何なんでしょう、あの14巻の終わり方。ここまで来たら続編も読まなくちゃ消化不良がおさまらない。このモヤモヤ感、それも作者の計算のうちかしら?続編を読み終えたとき、すべての点が線につながってくれたらいいな。 続きを読む▼
  • (5.0) グロいだけの漫画だと思ってましたが、
    くぅろんさん 投稿日:2016/12/31
    一年前、漫画喫茶でチラ見したとき、グロいだけの漫画だと思ってましたが、とんでもない。そこは個々のキャラクターを見せるためのデコレーション(エピソードはとても大切で、残酷で哀しくて、納得する)でした。 深い、、名作。 漫画なのに読むの に時間がかかる。 むしろ、ずっと終わってほしくない。 一気に読みましたので、ご飯とトイレ済ましてまたリピります。中毒性の強いマンガです。特に陰陽の描写が、絶対悪がいなければその反対もなくて、、色々考えながら読める深い漫画でした。 多分、私が楽しんで読めるのは衣食住に困ることなく普通に暮らせているからでしょうが。それが一番幸せなんだろなと、ニートな私は思いました。 幕間が最高に笑えます。 とにかく人生10本の指に入るハマり作品です。 ※ぼく地球、カラクリサーカス、スラダン、FF7、蒼穹の昴、BANANAFISH、炎の蜃気楼、、、このあたりが好みです。 もっとみる▼
  • (5.0) ハマりました
    カーチャさん 投稿日:2021/2/10
    おすすめに:reの方があって、無料立ち読み分を読んでみたら面白そうだなと。前談として無印があるのねと読み出したら止まらない。見事にハマりました。 絵は正直はじめの頃は微妙だったけど、いつの間にか違和感はなくなる。 話は良く考えられて いて、衝撃的な設定と展開は惹きつけるものがあると思う。 喰種だって生きているのにというシリアスなテーマを主軸に、金木の成長と戦い+葛藤とモガキ多め。 あんなに冴えなくてヘタレな金木が、強く美しく羽化する姿は秀逸。 それでも、なんだか危なっかしい感じがまた良き。 はじめは月山が金木を讃えるのに懐疑的だったけど、イモリとの対峙以降は全くの同意。うん、美しい。 他のキャラも粒揃いなので、色んな側面から楽しめる。 ただ、ちょっとグロイのと金木がもがき成長していく姿に好意を抱けないと、だめかもしれない。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • グールと人の共生
    一部でWeb漫画が人気だった石田スイさん初の商業連載にしてアニメ化もした大ヒット作品です。現代社会に溶け込む、人間と姿形が同じ食人の化け物「喰種」(グール)がいる世界で主人公金木研(カネキ)がグールの内臓を移植されて半グールになってしまいます。普通の食事が出来ないようになり飢えと食人への抵抗に板ばさみになるカネキの葛藤や、人間のグールの共生関係などに考えさせられます。人間とのバトルは勿論、グール同士でも考え方の違いによる争い事が多く、生きるための、快楽のための欲求、そしてそれぞれの立場の考え方の違いによりバトルも深みのあるものになっています。本編は完結していますが、その後を描いた「東京喰種 トーキョーグール:re」を連載中です。
    設計:わかちゃん
▲ページTOPへ