マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

聲の形(1)の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

少年マンガ
聲の形(1)
この巻を買う/読む

聲の形(1)

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(3.9) 投稿数170件
聲の形(7巻完結)
作品内容

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語が生まれました。

作品ラインナップ  全7巻完結
レビュー
聲の形のレビュー

平均評価:3.9 170件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 気になりました。
    はなさん 投稿日:2017/3/11
    最初は嫌な気持ちになりながらも購入していっていました。 途中からの中だるみでもう止めようかと思いましたが、主人公の元友達とどうなるのか気になり、最後まで読みましたが、スッキリしないままの終わり方でした。 西宮さんの告白もうやむやのままだ ったし。 手話で会話しているシーンは読み手の事も考えて、補足を付けて欲しかったです。 何を話しているのか分からない所がしばしばありました。 もっとみる▼
  • (5.0) 続きが気になります
    ゆひゆゆひゆさん 投稿日:2017/3/11
    1巻までですが読みました。色々考えさせられます。残念ながら世の中はしょうがいのある人達にはきびしいので。この作品をみて色々あると思いますが生きやすい世の中になって欲しいと思いました。
  • (5.0) いじめの理由
    (;´_ゝ`)さん 投稿日:2017/3/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 いじめって、いじめてる人は覚えていんですよね。加害者の能天気ぶりにビックリしました。いじめられた方は一生忘れないからね!っていうお話すです。 続きを読む▼
  • (4.0) 全巻読んだレビューです。
    matsuda takashiさん 投稿日:2017/3/7
    ろうというテーマはありきたりだが、 その主人公がいじめられる漫画というのはある種タブーでもありインパクト大。 そして虐めてた方が友達に裏切られ今度は虐められる(自分も虐められた経験があるがリアル)。 この漫画は序盤のここまでがクライマ ックスです。 中盤〜後半の友情ごっこや葛藤は、中だるみとまでいかなくても、序盤ほど引き付けられないし別に無くても問題ない、半分で完結する話だと思う。 石田の心情は、リーダーで虐めてた頃、閉ざして孤立する頃と共感できる部分が多い。周囲のイラつく人物達の悪い意味で人間らしい言動も分かる(あるある)。 西宮がいじめっ子を好きになるのが一番理解できない。著者は女性だがこういう女もいるのだろうか。 もっとみる▼
  • (3.0) 試し読み
    Hanaさん 投稿日:2017/3/5
    一巻だけですが…これ周りも大人もクズすぎじゃない?表紙のゆるさは本編にはないので読み進めるのきついかなあ。後味は悪いけど今後の展開は気になります。
少年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 少年の贖罪と成長
    著者は「マルドゥック・スクランブル」の大今良時。高校生の石田将也はあることの贖罪のため、西宮硝子を探し続けていました。将也は小学生のころ、転校してきた聴覚障害を持つ少女、硝子をいじめていましたが、ある事件をきっかけに立場が一転し、いじめの標的となってしまいます。高校生になっても孤独な日々を送る中、とある手話サークルの会場で、ついに探し続けていた硝子と再会するが…いじめ、障害という重いテーマを扱ったこの作品。いじめのターゲットがふとしたことで切り替わることのリアリティ。将也の贖罪、硝子との関係…ひたむきに過去を受け止め、絆を育んでいく二人を最後まで見届けたくなる、そんな作品です。
    制作担当:ふにゃらん
▲ページTOPへ