漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP > コミックシーモア毎月マンガ賞 > 結果発表
TOP 募集要項 Q&A 結果発表

結果発表

2018年9月期受賞作品
残念ながら、該当作品はありませんでした。
※「CLIP STUDIO PAINT PRO」の当選者発表は、発送をもってかえさせていただきます。
2018年8月期受賞作品

金賞

少女コミック

作品名:「Pinky!」

作家名:柳さわ

Pinky!

作品を読む

あらすじ

お互いに外見の派手な縁(ゆかり)と広瀬は中学の頃から周りが付き合っているのでは?と思うほどの仲良し。そんな二人は高校も同じ学校へ進学。
ずっとこうして広瀬と仲良くやっていきたいと思っていた縁はある日友だちとのショッピング中に広瀬に似合いそうなピンキーリングを見つける。
翌日プレゼントしようとする縁だが、広瀬が"桃園さん"というふわふわ女子と楽しそうに話しているところを目撃し…。

ソルマーレ編集部からのコメント

セリフのきゅん度と絵柄のかわいさでいつの間にか感情移入して読んでいました。
お話に出てくるアクセサリーのデザインやドット柄の背景もおしゃれで女の子が好きなものを描けそうだなと感じました。
Pinky!というタイトルも響きからしておしゃカワイイ。年齢が若いこともあり、その感性でどんどん女子の心を掴む作品をつくっていって頂きたいです!

銀賞

TLコミック

作品名:「わんにゃんMIDNIGHT」

作家名:うもう

わんにゃんMIDNIGHT

作品を読む

あらすじ

「俺のこと大人だと思ってくれるなら、俺のものになって」幼い頃から知っているはずなのに、目の前にいる男は自分の全く知らないオトナの顔をしていた――。化け猫のミミは、毎晩人間に化けてパパ活を楽しんでいた。幼なじみの小太郎(化け犬)が心配するも聞く耳持たず…。ある日、パパ活の相手が強引にHなことをしてきて―!?

ソルマーレ編集部からのコメント

シンプルな構成で、心理描写がきちんと描かれているので、素直に胸キュンした作品でした!画力も高く、漫画としてきちんと完成していました。Hシーンではケモミミへの『萌え』がしっかりと伝わってきます。各シーンにおける事由など細かな課題はありますが、描きたいものへの熱い想いと素質はしっかりと持っていらっしゃるので、これからの作品がとても楽しみです!!
2018年7月期受賞作品
残念ながら、該当作品はありませんでした。
2018年6月期受賞作品

銅賞

青年コミック

作品名:「魔女と吸血鬼」

作家名:yutaka

魔女と吸血鬼

作品を読む

あらすじ

「――人間になりたいの?」
今まで"ある理由"で誰の血も飲まずにやり過ごして来た吸血鬼のハトは空腹に負けある日とうとう夜道にいた少女・オワリを吸血してしまう。
血の契約によって隷属させるはずの少女はなんと魔女で、吸血鬼は逆に隷属させられてしまい――!?

ソルマーレ編集部からのコメント

ストーリーとしてやや説明が足りない部分はありましたが、イラストが可愛く、繊細かつ雰囲気がよく綺麗な空気感だなと思いました。
ファンタジーな世界観を構成する背景や小物も細かく描き込まれており、アングルもわかりやすく動きが伝わってきました。
ストーリーの足りないところを補っていけば、より面白いものができるのではと思いますので、今後の成長への期待◎です。これからの作品が楽しみです。

銅賞

BLコミック

作家名:トーテムポコ

ソルマーレ編集部からのコメント

冒頭からの怒涛のエロ展開はまさに圧巻でした!今回はBL作品での応募でしたが、Hシーンの見せ方は男性向け的な演出もあり、キャラビジュアルは少女マンガの印象も受ける…と、全方位タイプの才能を感じました。濡れ場やエロ展開への持っていき方は本当に巧いので、そこに女性向けマンガらしい感情がのってくると鬼に金棒だと思います。バリエーションのあるHシーン作りの才能を、今後の作品で存分に発揮していただければと思います!

自画像

※二次創作同人誌での受賞のため、タイトル名と書影の掲載は控えさせていただきます。

2018年5月期受賞作品

銅賞

少女コミック

作品名:「朝日の境界」

作家名:柊とろ

朝日の境界

あらすじ

登校中に駅でイケメンをみつけた高校生のゆず。完璧な横顔に見惚れていると、イケメンが通過列車の前に身を投げようとして…思わず助けてしまった…!気持ちを落ち着かせるためにゆずがご馳走したコーヒーに「今財布を持ってないけど120円の借りが気になって死ねない」という。2人は連絡先を交換し合って――。

ソルマーレ編集部からのコメント

少女マンガの作風を感じさせながらの「飛び込み自殺」というインパクトのある冒頭に、なんて話なんだ!と一気に物語の世界に引き込まれました。1ページも飽きさせない思いがけない展開や予想外のセリフにいい意味で振り回されました。特に萌えシチュエーションのつくり方が巧く、何度もキュンキュンさせられました。シリアスな題材を描きながらも少女マンガ的なトキメキを随所にちりばめられる幅の広い表現に才能を感じます。今回は百合作品での応募でしたが、テーマ選びや舞台設定に独自のセンスを感じますので、少女マンガでも存分に発揮してもらいたいです!

※こちらの作品は、有料配信は行いません。

銅賞

BLコミック

作品名:「しあわせなおすし。」

作家名:笹森ゆず

ソルマーレ編集部からのコメント

今回はネームでの応募でしたが、完成原稿を少しだけ拝見した際に、「丁寧に描かれているなぁ」と好印象でした。ストーリーは、キャラクターの確立が出来ているところからしっかりと描きたいビジョンが作者の中にあるのだと感じました。
多くの文字で語るのではなく、「間」を上手く使った感情の表現も魅力でした。
タイトル通り、優しくて幸せな世界観を上手く表現できており、トラウマを抱えた主人公の「寂しさ」を無自覚で自然に解消していくパートナーが素敵でした。そんな、ふんわりと柔らかい恋物語が描かれていました。これからの作品が今から楽しみです!

自画像

※ネームでの受賞のため、書影の掲載は控えさせていただきます。

銅賞

BLコミック

作家名:マオst

ソルマーレ編集部からのコメント

まずは絵柄のかわいさにとても惹かれました。その上で元作品にあった設定を活かし、キャラの置かれている状況や呼び名を萌えのポイントとして上手く使ったり、SNS等で流行りのワードを使ったシーンを作ったりと読者の共感を得て目線を集めることを意識できる、とても上手い作品作りを出来る方だと感じました。ぜひその力を使い、オリジナル作品でヒットを打ち出して頂ければと思います!期待しています!!

自画像

※二次創作同人誌での受賞のため、タイトル名と書影の掲載は控えさせていただきます。

2018年4月期受賞作品

金賞

TLコミック

作家名:ふどう

ソルマーレ編集部からのコメント

冒頭からミステリアスなエッセンスがちりばめられ、先の展開が気になる作品でした。中盤と後半の展開は切なく、主人公の最後に流した決意の涙はとても美しいと感じ、大人の恋の切なさを十分に表現出来ていたと思います。画面についてもバランスのいいコマ構成になっており、セリフとセリフの間のサイレントシーンは、まるで映画のワンシーンのようにとても効果的で印象的に表現されていました。
今回は二次創作作品でしたが、今後はオリジナルの作品で物語としての面白さを追求した作品を作って頂き、よりレベルの高い作品を生み出していってください!今後の作品をとても楽しみにしております。

自画像

※二次創作同人誌での受賞のため、タイトル名と書影の掲載は控えさせていただきます。

銀賞

BLコミック

作品名:「みかん畑に君の声」

作家名:伊月一

ソルマーレ編集部からのコメント

告白の答えを聞けずに東京へ行ってしまった親友と5年ぶりに再会といったシーンから始まる物語。思い出の場所や親友の離れる前と変わらぬ態度で接するところなど、主人公の期待と不安をあおるエッセンスとなっていました。また離れなくてはいけないかもしれないという恐怖心からくるもどかしさや切なさ、相手への想いなどとてもよく心情が表現できていると思います。
ネームでの受賞のため、5年という月日の絵柄の変化などをどのように表現するのかなど課題はありますが、これから制作される作品がとても楽しみです。

自画像

※ネームでの受賞のため、書影の掲載は控えさせていただきます。

2018年3月期受賞作品

銅賞

BLコミック

作家名:ジャギ岩

ソルマーレ編集部からのコメント

エロへの熱量を感じる作品でした。今回は二次創作での応募でしたが、フェチズムや二次設定への志向がうかがい知れ、そのアイディアはオリジナル作品作りで存分に発揮されるのではとポテンシャルを感じています。この設定、このネタ、このシチュエーションが好き!というアツい勢いそのままに引き続き作品作りに取り組んでほしいと思います!

自画像

※二次創作同人誌での受賞のため、タイトル名と書影の掲載は控えさせていただきます。

2018年2月期受賞作品
残念ながら、該当作品はありませんでした。
2018年1月期受賞作品

銅賞

少女コミック

作家名:ブリコ

ソルマーレ編集部からのコメント

主人公が想い人に失恋する…という所からお話がスタートするのですが、序盤から終盤まで主人公の心情が丁寧に描かれていたと思います。
また、失恋のほろ苦さ&新しい恋の芽生え…という甘さの配分が絶妙で、失恋をテーマにしながらも爽やかな読後感を味わえた点も良かったです。
途中 絵の描き込みが少なく大味になる部分がありましたので、その部分に注意しながら、今後も人物の心情を掘り下げたお話を描いていただけたらと思います。

自画像

※二次創作同人誌での受賞のため、タイトル名と書影の掲載は控えさせていただきます。

2017年度
TLマンガ大賞
メールで送る
TOP 募集要項 Q&A 結果発表