漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

小説・実用書
黒パン俘虜記(新装版)
この巻を買う/読む

黒パン俘虜記(新装版)

通常価格:
450pt/450円(税抜)
黒パン俘虜記(新装版)(1巻配信中)
作品内容

第89回直木賞受賞作品

「軍隊は運隊だ」という言葉どおり、運悪く、敗戦と同時に送りこまれたモンゴルの収容所は、まさにこの世の地獄だった。軍律の崩壊した集団に君臨するやくざあがりの大ボス・小ボス。食糧といえば、黒パンとわずかなスープ、それも搾取され、強制労働にかり出される毎日。栄養失調、疾病、私刑で、つぎつぎと失われる生命。
 襲いくる不条理に耐えながら、帰国を待ち侘びる日々を支えてくれたのは、小説と映画と流行歌への熱い思いだった……。

 本書は、戦後モンゴルに抑留された二万人の日本兵の中にいた、著者自身の体験をベースにした作品である。
 水と黒パンだけで奴隷労働を強いれられるなか、主人公が発見したのは、人間のどうしようもない愚かさか、あるいは生きる喜びか……。
 第89回直木賞を受賞した名作が、読みやすく再編集されて、新装版として登場!

●胡桃沢耕史(くるみざわ・こうし)
1925年東京生まれ。府立六中(現新宿高校)、拓殖大学卒。『近代説話』同人。昭和30年、『壮士再び帰らず』(筆名・清水正二郎)で第7回オール讀物新人賞、58年、『天山を越えて』で第36回推理作家協会賞、同年『黒パン俘虜記』で第89回直木賞を受賞。『翔んでる警視正』シリーズ、『旅人よ』、『ぼくの小さな祖国』、『女探偵アガサ奔る』、『ぶりっこ探偵』、『夕闇のパレスチナ』、『闘神』など著書多数。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
黒パン俘虜記(新装版)のレビュー

このコミックはまだレビューがありません。どんどんレビューを書いてね♪

小説・実用書ランキング
▲ページTOPへ