漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・実用書
八日目の蝉
この巻を買う/読む

八日目の蝉

通常価格:
590pt/590円(税抜)
(4.0) 投稿数1件
八日目の蝉(1巻配信中)
作品内容

直木賞作家・角田光代が全力を注いで書き上げた、心ゆさぶる傑作長編。不倫相手の赤ん坊を誘拐し、東京から名古屋、小豆島へ、女たちにかくまわれながら逃亡生活を送る希和子と、その娘として育てられた薫。偽りの母子の逃亡生活に光はさすのか、そして、薫のその後は――!? 極限の母性を描く、ノンストップ・サスペンス。第2回中央公論文芸賞受賞作。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
八日目の蝉のレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 名作
    ひな☆ゆいさん 投稿日:2015/9/27
    ドラマ化も映画化もされましたが、一番好きなのはドラマです。小説だと、当たり前かもしれませんが、主人公寄りなんですよね。誘拐された母親は、家事能力もなくてだらしない、「ダメ母」に描かれてますが、夫に不倫された挙げ句子どもを誘拐されるなんて、そ りゃダメ人間にもなるかなと。ドラマだとその辺バランス良く描かれていて、すんなりのめりこめました。…とはいえ、小説も面白いです。ぐいぐい読ませられます。そして、男のダメっぷりに現実を感じさせられます…。 もっとみる▼
広告掲載中タイトル
小説・実用書ランキング
▲ページTOPへ