漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

思い出のとき修理します

通常価格:
500pt/550円(税込)
(4.9) 投稿数9件
思い出のとき修理します(4巻配信中)

作品内容

仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つける。実は時計店だったそこを営む青年と知り合い、商店街で起こるちょっぴり不思議な事件に巻き込まれるうち、彼に惹かれてゆくが、明里は、ある秘密を抱えていて……。どこか懐かしい商店街が舞台の、心を癒やす連作短編集。

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

レビュー

思い出のとき修理しますのレビュー

平均評価:4.9 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 作者さん繋がりで、
    haruさん 投稿日:2020/6/20
    読みました。(*'‐'*)♪ 『異人館画廊』シリーズとは大分雰囲気が違いますが、違った魅力が 有って、続きも読んでみたいと思いました。(*ゝω・)ノ 寂れた商店街の中で、過去の思い出の中の傷をいつの間にかひっそりと癒されていく人達を 優しい目線で描いています。 心がホッコリとする短編集でした。(*´ω`*) 明里の封じ込めていた記憶が戻って、修司との関係が運命的な再開だった事がわかって二人の心が素直に結びついていくのが素敵でした!!(^v^) 奇跡の様な偶然や不思議な事が不自然でなくしっくりと落ちてくる、不思議な空気感が大好きです。(*^▽^*) まだ1巻だけですが、続きが楽しみです。 要所要所で登場する太一の存在が気になっています。ホントにただのヒト?(*゚ロ゚)ハッ! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 漫画が先でしたが。
    ほんじょ。さん 投稿日:2019/1/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画の完結が出る前に小説では完結していることを知り、 読みました。小説の中で流れている穏やかで静かな日常が 読んでいてとても心地よく、小説の中の雰囲気が漫画でも とてもほどよい感じで表現されていて読み進めながらも この心地よさに埋もれていたくて読み終わりたくないなあと 思わせる文体。小さな町で起こる小さな出来事がとても リアリティーがあり、もしかして作者は小さな町で この小説を書いているんじゃないのだろうか?と思うくらい 描写が細やかでいて、読みやすく、完結編を先に読み終えてから 他のシリーズも一気に読破しました。漫画では再現されていない シリーズがいくつかあり、とても読みごたえ有ります。 小説はちょっと、という方にも是非お勧めしたい本です。 先に漫画を読んで小説を読むと自分の空想の中で キャラクター達が生き生きと立ち回り動き出します。 ここが小説のいいところ、ですよね。 唯一ドキッとするシーンがあるんですが、あのキスシーンは 漫画ではどう再現されているんだろうとドキドキしています。 (漫画はまだ購入していません笑) 続きを読む▼
  • (5.0) 漫画で知りました。
    Banekoさん 投稿日:2018/2/2
    漫画の無料で知って、面白いと思ってこちらを購入!ほんわかカップルに癒されながら読みました。すらすら読めて、楽しい物語でした。
  • (5.0) 読んでて優しい気持ちになるお話し
    takさん 投稿日:2018/1/16
    心に傷を負った明里が自分の記憶を頼りに寂れた商店街を訪れる所から話が始まります。そこで目にした"思い出の時 修理します"の看板。この看板の生い立ちはちょっとありそうでちょっと残念な事が原因でしたが、結果、非常に心に沁みる看板になり、色々な人 をひきつけます。そのお店で働いている秀司や近所の太一との掛け合い、事件を持込むゲストの事も丁寧に描かれ、短編集ということもあって、肩肘張らずゆったりした気持ちで読めます。読んだ後にほんわかしたい人にオススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 思い出のとき修理します
    cocoさん 投稿日:2017/10/6
    とてもほっこりできる話がいっぱいで、面白いです。 時計の知識も身につけられて、おススメです^ - ^
  • (5.0) 心に染みる‥‥
    irohautaさん 投稿日:2017/6/24
    原作小説もコミックも持ってます。「時間が解決する。」と言う人もいますが、時間が経過するだけでは、何も解決しないのです。 人間が、足掻き、もがき、悩み、考えながら時間が過ぎていくから、解決するのです。登場人物達は、そういった葛藤の末、例え完全 な解決には至らなくても、何かを掴み、悟り、また考えていくのです。 説教臭くもなく、教訓染みているわけでもなく、ただただ、優しく、時にはもどかしく、お話が進んでいきます。 読めば、何かしら心に染みるモノがあります。 もっとみる▼
▲ページTOPへ